東建コーポレーションの求人・採用情報コンテンツです。東建では、建築営業職を積極的に採用しています。

中途採用【業務の内容】|建築職

建築職

建築職の業務「建築職」の業務をご紹介致します。

ご契約:オーナー様との末永いお付合いのはじまり

営業支援の流れ

建築職の仕事は、営業職の仕事(活動)に大きく関わります。
営業活動の支援業務として、「現地調査」及び「配置図の作成」を行ないます。
次に、契約前に「契約図面の作成」を設計事業部へ依頼します。契約後、社内で「着工準備会議」を行ない、お客様への「三者挨拶」を行ないます。
その後、営業職が行なう金融機関の融資の確定と平行して「建築諸申請」を行ないます。

営業支援の流れ

各業務の内容

(1) 現地調査

適切な建設計画を行なうためには建設予定地の確認が必要です。現況はどうなっているのか、また、その敷地にどのような建物が建てられるのか、隣地や道路、排水など注意する点はないか等を調査します。
この調査は、営業職がお客様に提案する建物を決定づける重要な調査となります。

【調査内容】
・敷地の状況・形状調査(高低差・方位・現況等)
・隣地状況調査
・道路・水路・公共設備等の状況調査
・敷地現況図の作成
・境界の確定
・諸官庁にて建築規制等の調査 等
(2) 配置図の作成

営業職がお客様へ提案する建物の配置図を作成します。
お客様の要望を確認し、規格商品(仕様)を中心に、最適なプランを営業職・建築職・仲介職の三職種が一体となって作成します。
※ 当社には、独自の「アーキテクプランナー」という配置図作成のPCソフトがあります。営業職は、これを使用して配置図を作成して、内諾を得ています。したがって、建築職は営業職が作成した内容を基に、専門的な知識を用いて作成することとなります。

アーキテクプランナー
(3) 着工準備会議

契約後は、早期着工に向けて営業・建築・仲介職の三職種による「着工準備会議」を行ないます。
ここでは、営業・建築・仲介職それぞれの管理者及び担当者が出席し、契約物件の内容の確認と着工準備業務の拾い出し、及びそれぞれの業務の「担当者」と「期限」を決定します。そして責任の所在を明確化し、早期着工のための準備をもれなく進めます。

(4) 三者挨拶

契約後、施主様への「三者挨拶」を行ないます。
三者挨拶は、営業受注した営業職が工事を担当する建築職、入居仲介を担当する仲介職をお施主様へ紹介し、業務の引継ぎを行なうと共に、契約内容の確認、今後の着工計画など詳細な打合せをすることで、早期着工、入居仲介の円滑化を図ります。

三者挨拶
(5) 諸申請手続き

工事を着手するためには、建物の建築確認申請をはじめ、立地条件に応じて農地転用、開発許可等、諸官庁の許認可を受けなければなりません。
建築職は、必要な諸申請の手続き、設計図面作成を設計事業部へ依頼し、建築確認許可を得ます。

建築職の募集要項はこちら
建築施工
建築職の役割