「成功へのアドバイス」

成功へのアドバイス

日経BP企画より絶賛発売中 あなたの感性を目覚めさせるモノローグ!

購入はこちら >>
amazon

「成功へのアドバイス」
中日出版社発行(1984年4月27日)
定価 1,029円(税込)
東建コーポレーション株式会社
代表取締役 社長兼会長 左右田 鑑穂 著

この書籍は本コンテンツでお読み頂けます。

序文

左右田氏は何より立志の人である。若くして雄大な構想を立て、それを基に着実な歩みを重ね、そして産業人として現在の地位を築いた独立独歩の人である、稀な人物といってよいかと思う。

こういうとおそらく、功成り名を遂げた年輩者を想像されるかもしれない、しかし氏はまだ三十代なかばであり、自らビジネスの最先端にたって縦横に活躍している人物と聞けば、きっと驚かれるに違いない。私もそうだった、五年前、「成功へのアドバイス」が番組化されることになり、はじめて氏に会ったとき、はたしてこのような白面の若者に、深みのある話が期待出来るものだろうか、と率直にいって一瞬戸惑いを覚えたものだった、そうとうに人生修業をつんだ人でなければ、という先入観があったからである。

だが話を聞くうちに、それは私の危惧にすぎないことが少しずつわかってきた、はためには、いまや急上昇中に見えるこの青年経営者にも、失意と苦境の日々があったことを知ったからだった。  氏は高校時代、期待される柔道選手として順調な出発をした、が、大学に進んでから、家庭的な事情などもあって、やむなく中途退学をしなければならなかった、心の中には耐えきれぬものがあったことだろう。

無論、こうしたかたは世間に多い、なにもそれを恥じることはない、が、左右田氏の場合は、それからというもの、二十歳という若き青春時代から苦難の道を歩むこととなった。努力を重ねたが開運の道は遠く、精神的にも満たされぬ歳月が続いたようだ。

生きるためにはまず稼がなければならない。仕事にありつかねばならぬ。少数の猛者を引き連れ「スコップ一梃」を片手に、早朝から深夜まで身を粉にして下請けのそのまた下請けの穴掘り作業に汗を流した。

大方の人は、こうした日常になれてしまい、向上心を失いがちなものである。が、氏は違っていた、もともと、密かに人生の出発を期していただけに、「スコップ一梃」の生活の中で、人生とは何か、どうすれば現在の苦境をぬけ出て成功への道を歩むことが出来るか、と考え続けた。計画を、練りに練った。

そこから出て来たひとつが「左右田運命学」であり、もうひとつが店舗建設に主体を置く東名商事(現・東建コーポレーション)という企業である。そして、これは驚異といえようが、数年ならずしてユニークな事業を軌道に乗せ、成功させた。

そうした体験の中から生まれたのが「成功へのアドバイス」である。ここには底辺からよじのぼった事業家の、魂の叫び声がこめられている。それがまとめられて読者の要請にこたえて、このたび出版の運びとなった。

担当者として誠に喜びにたえない。
成功を志すかたがたに、ぜひ、ご一読をお進めしたい。

昭和59年4月 東海ラジオ放送制作局 岩 田 玖 也

注目ワード