「安心できる生活を支える制震技術」

安心できる生活を支える制震技術 -壊れないから揺れないへ。暮らしを守る弊社の技術。-

制震・耐震性優れた耐震性(耐震等級3)を誇る、弊社独自の構造体にさらなる安心を求め“制震”の技術を取り入れました。建物全体の揺れを抑えることで、家具などの転倒を防止。「壊れない家」から「揺れない家」へ大きな進化を遂げました。

制震・耐震性
制震フレーム
自社開発し独自技術である制震フレームが地震の揺れを吸収します。
高耐力フレーム
独自開発の高耐力フレームが、地震などによる大きな力に対応しています。

制震構造震度6強の揺れを震度4程度へ低減します。

地震による揺れを粘弾性ダンパーが吸収することで揺れを軽減し、家具などの転倒を防止します。弊社が独自に開発した高耐力フレームと制震フレームをバランス良く配置することで、建築基準法で要求される1.5倍の構造強度を実現。

耐震のみの建物
固定していない重い家具が移動、転倒する。戸が外れて飛ぶことがある。
制震+耐震の建物
つり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てるが重い家具などは、ほとんど倒れません。
[住宅性能表示制度の評価基準]
等級3 病院 災害時に救護活動の拠点となる建物
(例)赤十字病院など
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の
1.5倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度

<耐震等級とは>住宅性能表示における評価項目「構造の安定」のランクを指します。

制震フレーム揺れを抑える先進技術「制震フレーム」

揺れない秘密は、自社開発の粘弾性ダンパーにあります。地震による揺れを粘弾性ダンパーが 吸収することで揺れを軽減し、柱・梁の損傷を防ぎます。

粘弾性ダンパーの基本機構 制震フレーム・粘弾性ダンパー拡大図 ※鋼板を一部カットして粘弾性体が見える状態にしてあります。
粘弾性ダンパーとは
粘弾性ダンパーは地震のエネルギーを吸収する高分子ゴム(粘弾性体)を鋼板で挟み込み、地震エネルギーの吸収効率を向上させるものです。
粘弾性体とは
速度をゼロに保つ性質の粘性体と変形を元に戻す性質の弾性体それぞれの性質を合わせ持つ材料です。
取得認定書
制震フレーム構造評定書
制震フレームとして、揺れを吸収する制震性能について認定を受けています。
(財)日本建築センター(2006年10月)
型式適合認定書
同一の形式で量産される「建物の構造・防火・設備など」について、一定の建築基準法に適合しており、確認審査の期間短縮が見込まれ、早期着工につながります。
(財)日本建築センター(2007年1月)

実験検証実大震動実験

早稲田大学理工学部建築学科の曽田研究室にて制震フレームの実験を行ないました。この実験は、試験装置に制震フレームをセットして下部を固定。上部にあるアクチュエータを動かして様々な地震波による揺れを機械的に再現し、制震フレームがその揺れの影響をどのように受けるかを見るものです。震度7相当の揺れを再現し制震フレームに作用させ、性能を確認しました。

高気圧アクチュエータと制震フレーム
50%震動低減
50%震動低減!揺れが軽減されます。
  • 加速度応答値(揺れの大きさ)が、実験によるデータ解析により、50%以上低減されることが確認されました。
  • エルセントロNS波300galに対する加速度応答比較(早稲田大学の実験によるデータ)
地震時の制震フレームの動き
地震時の制震フレームの動き:地震時(横揺れ)ダンパーが地震エネルギーを吸収→地震後、揺れがおさまると元に戻る

耐震設計法に基づいて設計された通常の建物は、柱・梁・壁など建物全体が変形することで地震エネルギーを吸収します。制震構造は、建物の骨組内に取り付けられた減衰性能のある制震装置(ダンパー)が地震エネルギーを吸収するため、大地震に伴う揺れも弾性範囲内に留め、柱・梁の損傷を防ぎます。
フレームも揺れがおさまると元に戻り、取り替えの必要もありません。



注目ワード