高耐震鉄骨造 次世代型バリアフリーアパート「シェルル・ユニヴァリィE」のご紹介です。

建物性能

高耐震鉄骨造 次世代型バリアフリーアパート「シェルル・ユニヴァリィE」

ローコスト耐震設計

『シェルル・ユニヴァリィE』は、弊社オリジナルの構造体「高耐震鉄骨造」に、集合住宅専用のローコスト耐震設計である「アウトウォール工法」を組合せることで、日本住宅性能表示制度において最高級ランクの「耐震等級3」に相当する性能としています。

高耐震鉄骨造

高耐震鉄骨造

重量鉄骨部材の強靭さと軽量鉄骨部材の工業製品化とをかね備えた弊社のオリジナル構造体です。
土台・梁を重量鉄骨部材、柱に軽量鉄骨部材と、使用箇所を使い分けることにより、重量鉄骨造を進化させた新しい構造体を実現しました。

アウトウォール工法

「アウトウォール工法」とは、建物の耐震性を高めるために弊社が独自に開発した集合住宅専用の「ローコスト耐震設計」です。建物外周部を中心に高耐力フレームを設置することで合理的、かつ効果的に耐震構造を実現しています。

集合住宅専用の「ローコスト耐震設計」
高耐力フレームを建物外周部を中心に設置
  • 特許取得
  • 弊社独自の「アウトウォール工法」の設計手法は、特許を取得しています。

高耐力フレーム

高耐力フレーム

弊社独自で開発したブレース(筋交い)を内蔵したフレームで、建物を支えます。
地震の横揺れや台風の風がもたらす横方向の力をフレームで受け止めます。

耐震等級3

弊社オリジナルの構造体「高耐震鉄骨造」に集合住宅専用設計の「アウトウォール工法」を組合せることで、日本住宅性能表示制度において「耐震等級3」に相当する性能としています。これは、災害時の避難場所となる公共施設(学校・警察)等のランクを上回ります。

[ 住宅性能表示制度の評価基準 ]

等級3
学校
(オプション)
災害時に救護活動の拠点となる建物
 (例)赤十字病院など
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度
等級2
学校
災害時に避難場所に指定されている公共施設
 (例)学校、警察など
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度
等級1
マンション
従来の一般的なマンション
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震に対して倒壊、崩壊などしない程度

耐火性・遮音性・断熱性・耐久性

『シェルル・ユニヴァリィE』は、外壁にALC(軽量気泡コンクリート)、界床に130mmのコンクリート合成スラブデッキを採用することで、優れた耐火性・遮音性・断熱性を実現しています。また、構造体には、国土交通省の大臣認定を取得した「カチオン電着塗装」を施し、建物の耐久性を高めています。

耐火性

近隣からのもらい火を防ぐため、外壁にはALC(軽量気泡コンクリート)を採用し、優れた耐火性を発揮します。

遮音性

遮音性の高さは快適生活には不可欠な要素です。
界床には130mmの合成スラブデッキ、界壁には二重貼りの石膏ボードとグラスウールを採用。確かな遮音性能が、静かな住環境をご提供します。

断熱性

外壁には外壁ALCと高性能のグラスウールを使用し、高い断熱性能を発揮します。

カチオン電着塗装

国土交通省の大臣認定を取得。耐用年数65年

柱・梁など主要な鉄骨、構造部材には、防錆・高耐久性を持つリン酸亜鉛処理とカチオン電着防錆塗装による二重の徹底した防錆対策を施し、建物の耐久性を高めています。