弊社では入居者様に快適な住空間をご提供するため、構造や建築資材、間取りを工夫し、遮音性を高めています。

TKS-55(東建高遮音床-55システム)の優れた遮音機能

優れた遮音性能

外部からの騒音を防ぐ「遮音性能」は、入居者様に快適な生活を送って頂くための重要な要素です。
弊社の建築商品では、構造や間取りの工夫、建築資材による対策等、遮音性を高め、快適な住空間を実現しています。
ここでは、弊社建築商品の遮音性能について解説します。


構造による遮音対策 床やドアの構造を工夫することで、遮音性を高めています。

「構造の組合せ」による上下階の遮音対策

上下階の音の悩みを解消 TKS-55(東建高遮音床-55システム)特許出願中

弊社オリジナルの高遮音床「TKS-55(東建高遮音床-55システム)」により、木造アパートでは最高レベルの遮音性能「LH-55」※1を実現※2しました。2階からの音や振動を大幅に低減し入居者様の快適な住環境を確保致します。

  • ※1  LH-55とは、上階の歩行音(重量床衝撃音)などに対する鉄筋コンクリートスラブ厚200mm相当の遮音性能のことです。
  • ※2  国が指定する公的機関(財)建材試験センターでの測定結果により、LH-55を実証済みです。
TKS-55(東建高遮音床-55システム)

※一部未採用の商品があります。

↑ページの先頭へ
↑ページの先頭へ

間取り(設計)による遮音対策 界壁の強化と間取りを工夫することで、遮音性を高めています。

※商品によって仕様が異なります。

「界壁の強化」による隣戸間の遮音対策

テレビの音声や音楽鑑賞、会話などの生活音が漏れるのを防ぐために、界壁の強化と間取りを工夫することで、入居者様の
プライバシーを守ります。

界壁の強化

隣り合うリビングには、厚い界壁を使用し、遮音性を強化しています。

隣り合うリビングに厚い界壁を使用している壁の断面図

間取りの工夫による遮音対策

間取りの工夫として、隣戸間にクローゼットや水まわりを配置しています。 また、2階に上がる足音が1階に響かないよう、1階のリビングとの間にホールやクローゼットを設けるなど、遮音に配慮した工夫をしています。

  • 隣戸間にクローゼットを配置
  • 隣戸間に水まわりを配置
  • 2階に上がる音が響かない工夫
↑ページの先頭へ

専用機器による遮音対策 床や排水管に遮音専用の機器を使用することで、遮音性を高めています。

「ソフトクローズ機能」によるドア開閉時の遮音対策

ドアやキッチンの引出し、洗面化粧台の扉を閉める際、意図せず強く閉めてしまい、大きな音を立ててしまう場合があります。
弊社の建築商品では、「ソフトクローズ機能」を採用することで、安全性遮音性を実現しています。

スライドドア(引き戸)
扉の両側に、指を挟まないようにゆっくりと静かに閉まる「W (ダブル) ソフトクローズ」機能を搭載することで、安全性と遮音性をかね備えています。
キッチン
引出しは、ゆっくりと静かに閉まるソフトクローズ機能付きです。
洗面化粧台
収納扉は、ゆっくりと静かに閉まるソフトクローズ機能付きです。

「防音排水管 音ナイン」による遮音対策

排水時の騒音を大幅に減少させる「防音排水管 音ナイン」を各戸室内に採用することで、高い遮音性を実現しています。
また、排水管の表面はフィルムでカバーされているため、耐久性にも優れています。

吸音+遮音の優れた防音効果を生み出す『防音排水管 音ナイン』

※音ナインは、シーシーアイ株式会社の特許取得商品です。

↑ページの先頭へ

弊社では入居者様に快適な住空間をご提供するため、構造や建築資材、間取りを工夫し、遮音性を高めています。