「東建グループ企業行動憲章」

東建グループは、公正な競争の中で利潤を追求すると同時に、法令遵守はもとより高い倫理観を持ち続けることにより、地域社会など、すべてのステークホルダーから信頼される存在であるように努め、企業価値の向上を図って参ります。
この目的を達成するため、東建グループは、建設・不動産事業を核とした企業活動を行なう上での基本方針として「東建グループ企業行動憲章」を制定します。
この憲章は、東建グループ各社の全役職員を対象とするものです。

1. 新技術の研究と開発に邁進し、商品・サービスの安全性と品質の向上に努め、社会に有用な商品・サービスを提供することで、顧客の満足と信頼を獲得します。
2. 法令を遵守するとともに、透明で公正な行動で、良識ある企業活動を行ない、企業としての社会的使命を全うします。
3. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを図り、企業情報を適時適切に開示します。
4. 社員の人格、多様性、個性を尊重するとともに、安全と健康のため、快適で働きやすい環境を確保し、個々の能力と創造性を発揮できる活気に満ち溢れる会社とします。
5. 環境問題への取り組みが企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、業務改善など積極的に実践します。
6. 企業市民として、地域社会の発展に寄与し、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは断固として対決します。
7. 経営トップは、自らの役割として経営理念や本憲章の重要度を認識し、グループ企業内への徹底を図ります。
以上
制定 平成19年1月1日

ページトップへ

注目ワード