土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

土地活用の東建コーポレーション

建築基礎講座

建築物の高さに関する規制として、「絶対高さの制限」、「斜線制限」と「日影規制」があります。

2. 斜線制限

斜線制限とは、道路境界線または隣地境界線からの距離に応じて建築物の各部分の高さを制限することにより、道路上空や隣棟間に一定の角度をもって空間を確保しようとするものです。

1) 道路斜線制限

道路境界線を基準とする道路斜線制限は、次図のように前面道路の反対側の境界線から一定距離(適用距離L)以下の範囲内において次の数値に制限されます。

用途地域 容積率  適用距離

第1種低層住居専用地域

第2種低層住居専用地域

第1種中高層住居専用地域(*)

第2種中高層住居専用地域(*)

第1種住居地域(*)

第2種住居地域(*)

準住居地域(*)

20/10以下

20/10を超え30/10以下

30/10を超え40/10以下

40/10を超える

20m

25m(20m)

30m(25m)

35m(30m)

(*)特定行政庁指定区域については( )内の値

近隣商業地域

商業地域

40/10以下

40/10を超え60/10以下

60/10を超え80/10以下

80/10を超え100/10以下

100/10を超え110/10以下

110/10を超え120/10以下

120/10を超える

20m

25m

30m

35m

40m

45m

50m

準工業地域

工業専用地域

工業地域

20/10以下

20/10を超え30/10以下

30/10を超え40/10以下

40/10を超える

20m

25m

30m

35m

用途地域の指定なし

20/10以下

20/10を超え30/10以下

30/10を超える

20m

25m

30m

【建築基準法第56条】※その敷地に該当する容積率(前面道路幅員を勘案)

【原則】

(1) 建物が前面道路の境界線より後退しないで建築した場合

図
W×1.25
(1.5)

第1種低層住居専用地域

第2種低層住居専用地域

第1種中高層住居専用地域(*)

第2種中高層住居専用地域(*)

第1種住居地域(*)

第2種住居地域(*)

準住居地域(*)

W×1.5

近隣商業地域、商業地域
準工業地域、工業地域
工業専用地域

(*)特定行政庁指定区域については( )内の値

【建築物が前面道路の境界線から後退している場合】

(2) 建物が前面道路の境界線より 後退して建築した場合

図
トト

道路斜線制限の起点は、前面道路の反対側の境界線から、当該建築物の後退距離だけ外側の線とされます。

2) 隣地境界線からの高さの制限

建築物の各部分の高さは、道路以外の隣地との間の境界線(隣地境界線)までの水平距離を一定倍した数値に、20mまたは31mを加えた数値以下にする必要があります。また20mまたは31mを超える部分が隣地境界線から後退している場合には、壁面と隣地境界線との距離だけ境界線が隣地側にあるものとみなして斜線制限を適用します。

地域 H 一定倍の数値

第1種中高層住居専用地域

第2種中高層住居専用地域

第1種住居地域

第2種住居地域

準住居地域

20m(31)

1.25(2.5)

近隣商業地域

商業地域

準工業地域

工業地域

工業専用地域

31m

2.5

用途地域の指定のない区域

20m

1.25

31m

2.5

※第1種・第2種低層住居専用地域は、隣地斜線の制限に該当しません。

(A)Hを超える部分が隣地境界線より、後退しないで建築した場合

Hを超える部分が隣地境界線より、後退しないで建築した場合

(B)Hを超える部分が隣地境界線より、後退して建築した場合

Hを超える部分が隣地境界線より、後退して建築した場合

3) 北側隣地境界線からの高さの制限

第1種・第2種低層住居専用地域と第1種・第2種中高層住居専用地域では、図のように北側隣地境界線からの制限をうけます。

第1種低層住居専用地域

第2種低層住居専用地域内

第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域内

第1種中高層住居専用地域(日影規制の対象区域を除く)

第2種中高層住居専用地域(日影規制の対象区域を除く)

第1種中高層住居専用地域、第2種中高層住居専用地域

4) 斜線制限一覧

斜線制限一覧表

土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」にお任せ下さい。こちらのページでは、建築に関する基礎知識をご紹介しております。建築の基礎を学ぶことは、アパート・賃貸マンション経営を行なう上で非常に大切。建物を建てるのにあたっては、建物の高さや採光をはじめ、制限や決まりが多くあります。ぜひ建築の基礎知識を学ぶのに、当コンテンツをお役立て頂けたらと思います。また、土地活用に関するご質問やお悩みがありましたら、東建コーポレーションにご相談下さい。土地活用・不動産経営のプロとして、オーナー様のご希望に添った土地の有効活用をご提案致します。

土地活用、アパート・賃貸マンション経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ

    土地活用に関するお問合せ

  • お近くの支店でのお問合せ

    支店情報

  • お電話でのお問合せ

    0120-51-8200