土地活用マル得ガイドでは、建築・不動産に関する知識や情報をご提供します。

土地活用を考える

土地活用を考える

ひと口に土地活用と言っても様々な方法があり、成功に導くには幅広い専門的な知識が必要となります。
希望する目的に合った最も良い活用方法を選択するためには、総合的な資産対策のシステムやノウハウを持つ専門会社に相談して、一緒に資産活用を考えられることをお勧めします。

    

土地活用にあたって診断する主な項目

目的

土地活用の目的と希望、及び条件を明確にする

【例】 目的
  1. 固定資産税や相続税の納税資金を作りたい。
  2. 相続税の土地評価額を引き下げたい。
  3. 老後に安定収入を得たい。
  4. 固定資産税や所得税を安くしたい。
  5. 遊休土地から収入を得たい。
  6. 事業用資産を経営不振により転換したい。
【例】 希望
  1. 農地はできる限り残したい。
  2. 相続争いが起きないようにしたい。
  3. 将来自分で事業用に活用したい。
【例】 条件
  1. 農地は納税猶予を受けている。
  2. 活用期間は30年以内。

※専門家に相談することをお勧めします。

立地条件

入居需要を考慮して条件に適した土地を選択する

所有地の中から土地活用の目的や条件に最も適した土地を選択し、アパート・賃貸マンション、貸店舗などの事業計画をプランニングする。このとき、将来的に安定した入居需要が期待できるか否かも考慮する。

法的条件

どんな法的規制があるか

希望する建物が、選択した土地に法的制限の上で建築可能かチェックする。

融資限度

いくらまで借りられるか

選択した土地を担保とした、建設資金の借入限度額をチェックする。

活用方法

どのような活用形態にするか

選択した土地の立地条件などに合う活用方法(例えばアパート経営など)を実行するにあたり、土地所有者の年齢や資産内容、節税効果や将来の相続予定者、さらには将来的な市場動向などを踏まえて手法を検討する。

【例】
  1. 建物は誰の名義にするのか。
  2. 投資額(自己資金)はどれくらいが良いか。
  3. 借入額はどれくらいにするか。
  4. ライフプランに合った計画であるか。
  5. 手取収入はどのくらいにするのか。
  6. 将来的な入居需要にも対応できているか。
  7. 相続に対する効果は最大か。

土地活用マル得ガイド「土地活用の考え方」では、土地活用にあたって診断する主な項目を、目的から立地条件・法的条件・融資限度・活用方法に至るまで、フローチャートにしてご紹介します。