土地活用マル得ガイドでは、建築・不動産に関する知識や情報をご提供します。

土地の活用目的に合わせた建物を計画する

土地の活用目的に合わせた建物を計画する

土地活用の事業内容や計画は、その目的によって異なります。
「何のために土地を活用するのか」の目的を明確にすることが有効な土地活用の第一歩と言えます。

節税対策を図りたい老後の生活資金を確保したい安定した収入を得たい
高収益・事業を実現したい転業または多角化を図りたい

目的別活用形態

土地を利用する目的が固まったら、何を重視し、どんな建物を建てれば効率的かを考えてみましょう。
次の例では、「労力・資本重視」、「節税重視」、「収益重視」の3つに分類してみました。

労力・資本重視

定期借地権付住宅

定期借地権付き住宅
メリット
  • 資本・労力の投下が不要。
  • 安定収入を確保。
低資金での開始 収益性 節税効果 運営の容易さ リスク

節税重視

アパート・賃貸マンション

アパート・賃貸マンション
メリット
  • 長期的な安定収入の確保。
  • 固定資産税・所得税・住民税の軽減、
    相続税対策として有効。
低資金での開始 収益性 節税効果 運営の容易さ リスク

貸店舗マンション・貸店舗アパート・貸店舗付住宅

貸店舗マンション・貸店舗アパート・貸店舗付住宅
メリット
  • 固定資産税の軽減。
  • 相続税対策として有効。
  • 節税と高収益事業を実現。
低資金での開始 収益性 節税効果 運営の容易さ リスク

収益重視

貸店舗マンション・貸店舗アパート・貸店舗付住宅

貸店舗マンション・貸店舗アパート・貸店舗付住宅
メリット
  • 固定資産税の軽減。
  • 相続税対策として有効。
  • 節税と高収益事業を実現。
低資金での開始 収益性 節税効果 運営の容易さ リスク

立体駐車場

立体駐車場
メリット
  • 投資金が少ない。
  • 暫定的な活用法として有効。
低資金での開始 収益性 節税効果 運営の容易さ リスク
×

貸倉庫・貸工場

貸倉庫・貸工場
メリット
  • 長期的なテナント契約が可能。
  • 低資本。
低資金での開始 収益性 節税効果 運営の容易さ リスク

マル得ポイント

目的を明確化すると共に、所有している土地の立地条件や特性を知ることも大切。
土地診断や市場調査を行ない総合的に判断します。

土地活用の事業内容や計画は、その目的によって異なります。「何のために土地を活用するのか」の目的を明確にすることが有効な土地活用の第一歩と言えます。