土地活用では、アパート・賃貸マンション経営をお考えのオーナー様に役立つ情報をお届けしています。

土地の特性を活かした賃貸住宅活用

土地の特性を活かした賃貸住宅活用

閑静な住宅地、イメージの良い土地、環境に恵まれた土地、交通の便の良い地域・悪い地域など、土地には様々な特徴があり、土地の特性、立地条件によって、賃貸住宅事業のプランは異なってきます。

様々な土地のタイプ

その概略を大別すると以下の4タイプに分類できます。

(1) 住宅地

ポイントを押さえてターゲットを絞る

様々なタイプの賃貸住宅の建設が可能ですが、需要動向や市場環境などをよく調査し、入居ターゲット(ファミリー、単身サラリーマン、女性など)を絞ることが、賃貸住宅事業を成功させるポイントです。
建ぺい率が低い場合には、植栽やオープンスペースを設け、公園風の住宅地にするなど、外構も含めた環境全体のレベルアップを考慮すると良いでしょう。

(2) 高級住宅地

ハイグレードな建物を…

高級住宅地などでは、その地区内に賃貸住宅が建設されることは、あまり歓迎されません。そのような立地条件の場合は、グレードの高いアパートや低層マンションが考えられます。それでも近隣からの抵抗が強い場合は、高所得者向け一戸建て賃貸住宅事業も考えられます。

(3) 交通の便の良い土地

どんなタイプもOK

交通の便の良い地域では、どんなタイプの賃貸住宅を建設しても成功の確率が高いと言えます。
特に、単身者向けの賃貸住宅を建設した場合、賃貸戸数を多く確保できるため、収益性が高くなります。
ファミリー層にとっては、生活環境(緑が少ないなど)に多少の難が出てくるケースも考えられますが、日常生活での利便性が優先される傾向が強いので、さほど気にする必要はありません。

(4) 交通の便の悪い土地

付加価値が必要

交通の便の悪い土地では、環境も含めた賃貸住宅のレベルアップを考える必要があり、住宅設備の充実はもちろんのこと、外構の整備やガーデニングなど、付加価値の高い建設計画がポイントとなります。

マル得ポイント

賃貸住宅事業を計画する場合、土地の特性や立地条件の他にも次のようなポイントがあります。

  1. 土地活用の目的をはっきりさせる。
  2. 質の高い賃貸住宅事業を計画する。
  3. 良き事業パートナーを選ぶ。

ページトップへ

土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」にお任せ下さい。こちらのページでは、土地のタイプごとの賃貸住宅活用術についてご紹介しております。土地には様々な特徴があります。例えば交通の利便性や土地の持つイメージなど、土地の特徴が異なれば、土地の活用方法も変わってくるのです。賃貸住宅も同じで、土地の特性を活かした物件を建てる必要があります。土地の特性を活かした賃貸住宅活用についてまとめましたので、ぜひご参考にして下さい。東建コーポレーションは、土地活用・不動産経営のプロとして、オーナー様のご希望に添った土地の有効活用をご提案致します。