土地活用マル得ガイドでは、建築・不動産に関する知識や情報をご提供します。

サブリースとは

サブリースとは

「サブリース方式」と呼ばれている賃貸方式は、正確には「マスターリース」と「サブリース」を組み合わせた方式を言います。「サブリース方式」を利用すると、オーナー様には「賃貸経営にかかる手間が省ける」、「空室リスクを軽減できる」などのメリットがあります。

「サブリース」って何?

「サブリース」とは、「転貸借」つまり「転貸し」のことを言います。

サブリース=転貸借(転貸し)

「サブリース」だと、何がいいの?

「サブリース」は、サブリース会社がオーナー様から賃貸建物を一括して借り受け、これを一戸単位で入居者様に賃貸します。
このように、オーナー様と入居者様が直接の契約関係にないため、入退去時の手続き等をオーナー様が行なう必要がありません。
また、サブリース会社がオーナー様に家賃を一括してお支払いするため、家賃の回収等の手間もかかりません。

サブリース説明図

「マスターリース契約」と「サブリース契約」

「サブリース」には、2つの賃貸借契約があります。
ひとつは、オーナー様とサブリース会社との契約で、これを「一括賃借契約(マスターリース契約)」と言います。
もうひとつは、サブリース会社と入居者様との契約で、これを「転貸借契約(サブリース契約)」と言います。

「マスターリース契約」「サブリース契約」説明図

サブリースの種類

サブリースには、オーナー様に支払う賃料(金額)を固定する「賃料固定型」と、実際の貸出し賃料に連動させて一定比率を賃料とする「実績賃料連動型」の2種類があります。

賃料固定型実績賃料連動型
実際の貸出し賃料が変動しても、オーナー様へ支払われる賃料は固定とするサブリース契約。 実際の貸出し賃料に連動して、オーナー様へ支払われる賃料も変動するサブリース契約。
【特徴】
①安定収入が得られる
②収支などのプランが立てやすい
③経済情勢(不況など)の影響を受けづらい
【特徴】
①賃料の増額が見込める
②一定の賃料が確保できる
③賃料相場が反映される

ページトップへ

土地活用マル得ガイド「サブリースとは」では、サブリースの賃貸方式の種類と、メリットをご紹介しています。