土地活用では、アパート・賃貸マンション経営をお考えのオーナー様に役立つ情報をお届けしています。

借地権の評価方法

借地権の評価方法

借地権とは、建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権のことです。
借地権を評価する場合は、以下の点に注意して行ないます。

借地権価格が発生するか否かの判断

以下のような場合は、不動産の調査が必要です。

借地権とは、「建物の所有を目的とする地上権または賃借権」と借地借家法で定められており、借地権の存在は建物が建っていることが前提になります。
また、借地権が存在していても、借地権を売買する慣行がその地域にあるかどうかによって、借地権の価格が発生するか否かが判断されます。
この「借地権の売買慣行」があるかどうかを簡単に判断するには、相続税路線価に借地権割合が表示されているかを調べることで判断することができます。
借地権を売買するという取引慣行がないと判断される場合は、借地権価格は発生していないことになります。

評価方法

借地権の評価額は、「取引事例比較法」と「土地残余法」による価格を基準とします。

取引事例比較法

借地権の取引事例を多数収集し、地域要因や個別的要因を比較して求める方法。

土地残余法

対象地に最有効使用の建物を建設して賃貸すると想定し、その総収益から総費用を差し引いて土地、建物一体の純収益を求める。
ここから建物に帰属する純収益を控除して「借地権に帰属する純収益を求め、これを還元利回りで還元して借地権の収益価格を求める方法。
さらに、「賃料差額還元法」と「借地権割合による方法」で求めた価格を比較考量して決定されます。

賃料差額還元法

借地している土地について、経済価値に見合った適正な地代と実際に支払っている地代の差額を還元して借地権価格を求める方法。

借地権割合による方法

更地価格に、該当地域で一般的に採用されている借地権割合(通常は相続税路線価図に表示されている借地権割合)を乗じて求める方法。

ページトップへ

土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」にお任せ下さい。こちらのページでは、借地権の評価方法についてご説明致します。借地権は、土地に建物が建っていることを前提とした権利です。借地権価格が発生するのかは、その地域で以前から借地権の売買が行なわれているのかを判断する必要があります。借地権の評価について、判断基準や評価方法をまとめましたので、ご活用頂ければと思います。また、土地活用に関するご質問やお悩みがありましたら、東建コーポレーションにご相談下さい。土地活用・不動産経営のプロとして、オーナー様のご希望に添った土地の有効活用をご提案致します。