土地活用では、アパート・賃貸マンション経営をお考えのオーナー様に役立つ情報をお届けしています。

不動産価格に影響を与える要因

不動産価格に影響を与える要因

不動産の価格に影響を与える要因には、「一般的要因」「地域要因」「個別的要因」の3つがあります。
その中で「地域要因」と「個別的要因」は、不動産鑑定評価を行なう上で、取引事例比較法を適用する際の比較項目などにも利用されています。

一般的要因

一般経済社会における、不動産の使われ方や価格水準に影響を与える要因を言います。

自然的要因
気象条件、土壌、地勢、地質、地盤など
社会的要因
人口や世帯の状態、不動産の取引慣行、生活様式、公共施設など
経済的要因
GDPや物価水準、財政や金融、税負担の状態など
行政的要因
土地利用に関する計画や法規制、住宅政策、税制など

地域要因

用途的に同質と考えられる地域(用途的地域)における、不動産の価格形成に影響を与える要因を言います。
用途的地域は、「宅地地域」「農地地域」「林地地域」などに大別され、その中で「宅地地域」は、さらに「住宅地域」「商業地域」「工業地域」などに分けられます。

住宅地域

居住の快適性や利便性に着目したもので、住環境、区画の面積、利用状況、行政的条件、交通機関・商店街・公共施設などへの接近性、街路幅員などを比較項目とする。

商業地域

収益性に着目したもので、商業施設・業務施設の集積度、商業繁華性、行政的条件、交通機関などへの接近性、街路幅員などを比較項目とする。

工業地域

経済性や生産の効率性に着目したもので、輸送施設の整備状況、関連産業との位置関係、供給処理施設の整備状況、交通機関などへの接近性、街路幅員などを比較項目とする。

個別的要因

不動産の価格について、その属する用途的地域における標準的使用を前提とする不動産の価格水準と比較し、個別的な価格を形成する要因を言います。
比較項目は以下のものが挙げられます。

宅地

接面道路との関係

接面道路との関係

角地、準角地、二方路地、三方路地の場合は増価要因。
袋地、無道路地、セットバックの場合は減価要因。

画地条件

画地条件

間口狭小、奥行長大、不整形地、崖地の場合は減価要因。
地積規模については、過大、過小ともに主として減価要因。

その他

その他

軟弱地盤、土壌汚染、高圧線下地、地下鉄道上の土地などを含む場合は減価要因。

建物

建築年月、間取り、設備、仕様、面積、構造、材質、維持管理の状態などがある。

建物及びその敷地

敷地内における建物・駐車場・庭の配置などのような建物と、敷地との適応の状態。

ページトップへ

土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」にお任せ下さい。こちらのページでは、不動産価格に影響を与える要因についてご説明致します。不動産価格は様々な要因によって増減します。「一般的要因」、「地域要因」、「個別的要因」の3つの要因が存在し、その中でも「地域要因」と「個別的要因」は、不動産鑑定を行なう上で重要なものです。不動産価格に影響を与える要因について知ることで、より良い土地活用について考えることができますので、ぜひご活用頂ければと思います。また、土地活用に関するご質問やお悩みがありましたら、東建コーポレーションにご相談下さい。土地活用・不動産経営のプロとして、オーナー様のご希望に添った土地の有効活用をご提案致します。