土地活用では、アパート・賃貸マンション経営をお考えのオーナー様に役立つ情報をお届けしています。

不動産鑑定評価書

不動産鑑定評価書

「不動産鑑定評価書」とは、不動産鑑定士という有資格者が行なう、不動産鑑定評価作業における成果をまとめて書面にしたものを言います。

不動産鑑定士とは?

不動産鑑定士とは、「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づき、不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備えられている不動産鑑定士名簿に氏名などが登録された者を言います。
不動産鑑定士は不動産の鑑定評価を担い、不動産の鑑定評価書には、その不動産の鑑定評価を行なった不動産鑑定士、不動産鑑定士補がその資格を表示して署名、押印を行ないます。

不動産の鑑定評価とは?

不動産の鑑定評価とは、「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づいて、不動産鑑定士が不動産の経済価値を判定し、その価値を貨幣額で表示することを言います。
評価にあたっては、不動産鑑定評価基準に基づき、対象となる不動産の「最有効使用(※1)」を判定し、鑑定評価の手法によって価格や賃料を求めます。
なお、鑑定評価書へ表示された価格は、「価格時点(※2)」においてのみ有効になります。

※1
その不動産の持つ効用が最高に発揮されるように使用すること。
鑑定評価基準では「客観的にみて、良識と通常の使用能力を持つものによる合理的かつ合法的な使用方法」と定義されている。
※2
不動産の価格は常に変動しているため、不動産の鑑定評価を行なうに当たっては、不動産の価格の判定の基準日を確定することが必要になる。この基準日を価格時点と言う。

鑑定評価によって求める価格の種類

鑑定評価によって求める価格には、次のものがあります。

正常価格

市場性を有する不動産について、現実の社会経済情勢下で合理的と考えられる市場で形成されると予測できる市場価値を表示する適正な価格のこと。

限定価格

次のような場合に求める価格のこと。

  • 借地権者が、底地の併合を目的とする売買に関連する場合
  • 隣接不動産の併合を目的とする売買に関連する場合
  • 経済的合理性に反する不動産の分割を前提とする売買に関連する場合

特定価格

次のような場合に求める価格のこと。

  • 資産の流動化に関する法律または投資信託及び投資法人に関する法律に基づいた評価目的で、投資家に示すために投資採算価値を表す価格を求める場合
  • 民事再生法に基づいた評価目的で、早期売却を前提とした価格を求める場合
  • 会社更生法または民事再生法に基づいた評価目的で、事業の継続を前提とした価格を求める場合など

特殊価格

次のような場合に求める価格のこと。

  • 文化財の指定を受けた建造物
  • 宗教建造物
  • 現況による管理を継続する公共公益施設の用に供されている不動産について、保存などに主眼をおいた鑑定評価を行なう場合

ページトップへ

土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」にお任せ下さい。こちらのページでは、不動産鑑定評価書についてご説明しております。不動産鑑定評価書とは、不動産鑑定士が行なう不動産が持つ経済価値を鑑定する作業の成果を書面にしたものです。主に不動産の売買や相続、財産分与の際に使われます。土地活用をお考えの方に知ってほしい情報をまとめておりますので、ぜひご活用頂ければと思います。また、土地活用に関するご質問やお悩みがありましたら、東建コーポレーションにご相談下さい。土地活用・不動産経営のプロとして、オーナー様のご希望に添った土地の有効活用をご提案致します。