土地活用マル得ガイドでは、建築・不動産に関する知識や情報をご提供します。

不動産ビジネスに関する専門家

不動産ビジネスに関する専門家

不動産ビジネスに関する専門家には、宅地建物取引主任者をはじめ、不動産鑑定士、弁護士、税理士、司法書士、土地家屋調査士、測量士、建築士、マンション管理士などがあります。

不動産ビジネスの専門家とその業務内容

宅地建物取引主任者

宅地建物取引業法に基づき、宅地や建物の売買、貸借、交換の代理、仲介を業務とする。
これらの業務を遂行するに当たり、取引物件や契約上の重要事項についての説明を行なう。

不動産鑑定士

一定の手順に即して、土地、借地権、建物などの「不動産鑑定評価書」を作成し、依頼者に交付する。
また、不動産についての様々な相談に対し、アドバイスや指導を行なう。

弁護士

不動産に関する主な業務としては以下のものがある。

  • 売買契約書、賃貸借契約書などの作成
  • 近隣関係問題
  • 遺産分割などの法律問題
  • 借地借家問題
  • 不動産取引(売買)やマンションの法律問題、訴訟代理

税理士

不動産に関する主な業務としては以下のものがある。

  • 所得税、相続税、贈与税などの申告代理
  • 相続税相談
  • 不動産の有効活用に関する相談
  • 不動産売買の税務相談(税金の計算やコンサルティングなど)

司法書士

家屋の新築時やマンションの購入時など、不動産の登記(所有権、抵当権の設定・抹消など)に関して、法務局への提出書類の作成やその手続きを行なう。

土地家屋調査士

不動産の表示に関する登記に必要な土地家屋の調査、測量、法務局への提出書類の作成、及び建物の滅失登記、分割・区分・合併などの登記の申請手続を行なう。

測量士

土木・建築工事に際して、建設予定地などの土地の面積や地盤の高さを測る。

建築士

建築物の設計、確認申請、工事監理などを行なう。
国土交通大臣の免許による一級建築士、都道府県知事の免許による二級建築士、及び木造建築士がある。

マンション管理士

管理組合の運営、建物構造上の技術的問題など、マンションの管理に関して、管理組合の管理者またはマンションの区分所有者などの相談に応じ、助言、指導などを行なう。

ページトップへ

不動産ビジネスに関する専門家には、宅地建物取引主任者をはじめ、不動産鑑定士、弁護士、税理士、司法書士、土地家屋調査士、測量士、建築士、マンション管理士などがあります。