「あなたのアパート・賃貸マンションは安全ですか?」

あなたのアパート・賃貸マンションは安全ですか?

老朽化したアパート・賃貸マンションは、様々な問題が発生し「不良資産」となってしまいます。資産を円満に引き継いでいくために、建替えをすることで将来おこりうるデメリットをメリットに変えましょう。

老朽化によるデメリット

  • 倒壊の恐れがあり、借家人の人命の安全が保証できない。
  • 自然災害で倒壊した場合、入居者から損害賠償を請求される恐れがある。
  • 周囲の街並と極端に調和がとれておらず、美観が損なわれている。
  • 防災上の問題があり、消防署からもたびたび指導を受けている。
  • 商品競争力が保てなくなり、入居率が落ちて家賃収入が減る。
  • 老朽化のため家賃値上げも難しい。

建替えによるメリット

相続税の引き下げ対策
長期に渡り入居者様を募集していない場合、借家権控除は消滅しますが、貸家の建替えにより、土地・建物とも借家権控除が適用され、評価減効果が復活します。また、新たに借り入れすることで相続税の債務控除ができます。
収益性の改善
土地活用効率・入居率がアップすることで、長期安定収入が見込めます。

土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」にお任せ下さい。こちらのページでは、老朽化したアパート・賃貸マンション建替えにあたってのメリットをご紹介しております。老朽化した物件を持っていると、倒壊の危険性があるだけでなく、入居率の低下や消防署による指導など、様々なデメリットがあります。そこでアパート・賃貸マンションの建替えを考えてみませんか?建替えを行なうことで、借家権控除が適用されたり、相続税の債務控除ができたりとメリットも多いです。ぜひ、ご検討下さい。また、土地活用に関するご質問やお悩みがありましたら、東建コーポレーションにご相談下さい。土地活用・不動産経営のプロとして、オーナー様のご希望に添った土地の有効活用をご提案致します。

注目ワード