「高齢者対応」

全ての人々に快適で豊かな暮らしを届けたい。東建の「5つのリフォーム」トップへ戻る

バリアフリーという言葉をよく耳にしますが、これは「障壁を取り去る」という意味で、その内容は5つに大別されます。

段差のバリアフリー
廊下や部屋の出入口など、家の中の段差を取り去ることで、高齢者や障害者への負担をなくそうというものです。 また小さな子供や妊婦にも安全な配慮となります。
温度のバリアフリー
家の中は一定の温度とは限りません。冬場の浴室や廊下、トイレなどは暖房が行き渡らず、寒さによって身体がこわばったり動きが鈍くなることも。ケガの発生につながる恐れもあります。
明るさのバリアフリー
日中は陽光が差して気にならなくても、夜になると照明が十分でないと危険を伴います。部屋の中の照明はもちろん、トイレの常夜灯や廊下など段差を気づかせる灯りなど、照明に配慮することが快適性につながります。
物のバリアフリー
人が歩くスペースはきちんと整理整頓することが危険の防止につながります。 電気コードが散乱していたり、床に物をおいていたり、絨毯がめくれあがっていたりしていると、転倒する危険がありますので、スムーズに歩けるようにしておきましょう。
人のバリアフリー
ホームヘルパーや巡回往診の医師、看護師など、介護サービスを利用するケースも多いでしょう。 誰もが気にせずに訪問できる家づくり、スペースづくりを目指しましょう。
注目ワード