土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

土地活用の東建コーポレーション

適正審査

  1. 7つの強み
  2. 7つの強み 1
  3. 7つの強み 2
  4. 7つの強み 3
  5. 7つの強み 4
  6. 7つの強み 5
  7. 7つの強み 6
  8. 7つの強み 7
土地活用トップへ戻る

アパート・賃貸マンション経営を考えたときに、まず気になるのが、「入居が付くだろうか?」ということでしょう。空き家問題や人口減少など、アパート・賃貸マンション経営に対して消極的なニュースも耳にされており、なかなか踏ん切りがつかない方も多いのではないでしょうか。
東建では、アパート・賃貸マンション経営が成立する事業計画であるかどうかについて、
4つの適正審査制度」で厳正にチェック。アパート・賃貸マンション経営が成り立たないエリアや条件で、ご提案することはありません。
長期にわたって賃貸需要のあるエリアで、安心・安全な「賃貸事業計画」のみをご提案します。

「4つの適正審査制度」とは

東建では、オーナー様の長期安定経営を実現するため、ご契約前に以下の「4つの適正審査制度」を設け、厳しい審査を実施しています。

「4つの適正審査制度」とは

土地活用リース建築経営の流れと「4つの適正審査制度」

東建では、「ご相談」、「マーケティング」の段階で東建独自の判定基準に基づき、「賃貸市場判定」を実施。 また、「ご内諾」の前に、「融資事前確認」、「適正家賃査定」、「事業計画審査」を実施して賃貸事業が 成り立つかどうかを審査し、安心・安全なアパート・賃貸マンション経営だけをご提案します。

リース建築経営の流れ

リース建築経営の流れ

4つの適正審査制度

  • ①賃貸市場判定
    賃貸市場エリアを人口動向や新設住宅着工戸数、地価(路線価)、周辺状況、区画整理地等の「マクロ要件」と、周辺物件の入居率や家賃増減率、収益性、建築費等の「ミクロ要件」の両面から東建独自の判定基準に基づいて審査し、賃貸事業経営が行なえるエリアかどうかを判定しています。
    その上で、長期にわたって入居需要が見込めるエリアでのみ、
    土地オーナー様に「賃貸事業計画」をご提案しています。
    ①賃貸市場判定
  • ②融資事前確認
    賃貸事業の資金融資を受ける予定の金融機関に対して、融資が確定しているかどうかの確認を行ないます。
    東建と金融機関による徹底した審査を行なうことで、土地
    オーナー様にご提案する「賃貸事業計画」が安全であることを確認します。
    ②融資事前確認
  • ③適正家賃査定
    アパート・賃貸マンション経営を安定して行なうためには、適正な家賃設定が必要となります。
    そのため東建では、間取りタイプごとの家賃相場をデータ化し、相場に合った家賃を設定します。
    さらに、建物方位や日当たり、周辺施設、環境、入居需要、供給動向などを加味して、適正家賃を設定しています。
    ③適正家賃査定
  • ④事業計画審査
    土地オーナー様に「賃貸事業計画」をご提案する際は、本社の専門部署による徹底したチェック・審査を行なっています。本社で行なう事業計画審査では、「収支計画」、「建物配置図」の適否を審査すると共に、「② 融資事前確認」、及び「③ 適正家賃査定」の最終確認も行ないます。
    ④事業計画審査

土地活用のパイオニア『東建コーポレーション』では、土地オーナー様を「東建の7つの強み」により全力でサポートします。こちらのページではまず、「①適性検査」についてご紹介。アパート・賃貸マンション経営を考えたとき、まず気になるのは「入居が付くのだろうか?」だと考えます。その不安を払拭するためにも、長期安定経営を実現するためにも、東建コーポレーションでは、契約前に「4つの適正審査制度」を設定・実施。それは、①賃貸市場判定、②融資事前確認、③適正家賃査定、④事業計画審査です。この結果により、経営が成り立たないエリアや条件でしたら、ご提案することはありません。長期にわたって賃貸需要のあるエリアで、安心・安全な賃貸事業計画のみをご提案します。ぜひご相談下さい。

土地活用、アパート・賃貸マンション経営に関するご相談