土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営は先進の入居仲介システムです。

相続の前に財産の贈与を受けた場合は?(相続税こんな場合はどうなるの?)

相続税対策講座「相続税こんな場合どうなるの?」

最新の情報につきましては、国税庁ホームページにてご確認下さい。

相続の前に財産の贈与を受けた場合は?

被相続人の死亡前3年以内に贈与(普通贈与)を受けた財産がある場合、その財産は相続税の課税対象に加算され相続税が計算されます。

相続開始前3年以内に財産を贈与すると

相続または遺贈によって財産を取得した人が、相続が発生した3年以内に被相続人から財産の贈与を受けている場合、 その贈与を受けた財産も相続税の課税対象となりますが、納めた贈与税は相続税額から差し引くことができます。

贈与税の基礎控除(110万円)も加算対象に

贈与税(普通贈与の場合)には年間110万円の基礎控除がありますが、被相続人の死亡前3年以内の贈与の場合はたとえ110万円の範囲内であっても、相続税の課税対象に組み込まれることになるので注意が必要です。 ただし、この「相続開始前3年以内の贈与財産の相続財産への加算」は、あくまでも相続や遺贈で財産を取得した人を対象とするもので、それ以外の人には適用されません。
したがって、相続の発生が近いと考えられるケースでは、法定相続人以外の親族(孫やひ孫など)への贈与を検討することが賢明です。
※なお、相続時精算課税制度を選択している場合には、全贈与財産が相続時に加算されます。

相続税対策としてアパート・賃貸マンション経営を考えてみませんか?こちらのページには、相続前に贈与を受けた場合についてまとめました。相続開始前3年以内に贈与を受けた場合、贈与税の基礎控除(110万円)も含め、相続税の課税対象に加算されます。この贈与と相続税の関係は、相続税対策を賢く行なうにあたり、ぜひ抑えてほしいポイントです。ここでは贈与財産を相続財産へ加算する仕組みを解説しておりますので、相続税について知りたい方や相続税対策に土地活用をお考えの方はご活用下さい。土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」におまかせ。土地オーナー様のご要望にお応えし、最適なご提案を致します。