土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営は先進の入居仲介システムです。

孫に相続できるの?(相続税こんな場合はどうなるの?)

相続税対策講座「相続税こんな場合どうなるの?」

最新の情報につきましては、国税庁ホームページにてご確認下さい。

孫に相続できるの?

子の世代を経由せず一代飛ばして孫に財産を相続すると、通常の1.2倍(20%加算)の相続税がかかりますが、 2回の相続が1回で済み、相続税の課税の機会が減るため、トータルで見れば相続対策になることがあります。

配偶者と一親等の血縁以外の人が相続すると

配偶者と一親等以外の人が相続した場合、通常の税額の20%が加算されます。
二親等の血族である孫に相続する場合も20%余分に相続税がかかることになります。

の中が配偶者と一親等の血縁です。この枠以外に相続する場合は、20%余分に相続税がかかることになります。
ただし、子が死亡していて代襲相続する孫は二親等の血縁であっても加算の対象にはなりません。

一代飛ばして相続する場合のメリット・デメリット

祖父母から孫に財産の移転(相続もしくは贈与)する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

方法 メリット デメリット
相続
(遺贈)
通常の相続よりも20%余分に相続税がかかるが、相続を1回パスできる分、トータルで見れば節税効果は高くなることが多い。 実行のチャンスは一生に1回のみ。
贈与 孫への贈与であれば、相続税開始前3年以内の贈与財産の加算がない。生前にいつでも対応できる。 土地・建物の不動産取得税や登録免許税が相続の場合に比べ割高である。

相続税対策としてアパート・賃貸マンション経営を考えてみませんか?こちらのページには、孫への財産相続についてまとめました。被相続人の一親等以外の人が財産を相続した場合、相続税は通常の1.2倍かかりますが、一世代飛ばして孫に相続した場合、相続を1回減らすことができるため、トータルで見ると、節税できることがあります。ここでは孫への相続のメリット・デメリットを解説しておりますので、相続税について知りたい方や相続税対策に土地活用をお考えの方はご活用下さい。地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」におまかせ。土地オーナー様のご要望にお応えし、最適なご提案を致します。