土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営は先進の入居仲介システムです。

相続財産に借金があった場合は?(相続税こんな場合はどうなるの?)

相続税対策講座「相続税こんな場合どうなるの?」

最新の情報につきましては、国税庁ホームページにてご確認下さい。

相続財産に借金があった場合は?

相続人は亡くなった人の財産に関する権利だけでなく、債務も引継ぐことになります。
そこで、相続税を計算するときには、負担しなければならない借金(マイナス財産)を相続財産から差し引くことができます。

債務控除とは

借入金などのマイナス財産は、相続財産から差し引くことができます。これを「債務控除」といいます。

債務控除の対象となるもの

住宅ローンなどの金融機関からの借入金、事業の買掛金・未払金、クレジットの未払い金、公租公課、葬式費用などが債務控除として認められます。

債務の控除
  • ・住宅ローンの借入金(団体信用生命保険に加入していない場合)
  • ・事業の買掛金
  • ・金融機関からの借入金
  • ・事業の未払金
  • ・医療費の未払金
  • ・アパートローンの借入金
葬式費用の控除 埋葬・火葬・納骨の費用
葬儀の際に要した費用で通常葬式にかかせない費用
死体の捜索、遺体や遺骨の運搬費用
税金の控除 固定資産税、住民税等
被相続人にかかる所得税、贈与税、相続税等

相続税対策としてアパート・賃貸マンション経営を考えてみませんか?こちらのページには、相続財産に借金があった場合についてまとめました。相続にあたっては財産と一緒に負債も引き継ぐことになります。相続で負債が発生した場合、相続税は財産から負債を引いた金額にかかってきます(債務控除)。ここでは債務控除の対象となるものについて掲載しておりますので、相続税について知りたい方や相続税対策に土地活用をお考えの方はご活用下さい。土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」におまかせ。土地オーナー様のご要望にお応えし、最適なご提案を致します。