土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営は先進の入居仲介システムです。

対策を行なう前に相続が発生してしまった(相続税こんな場合はどうなるの?)

相続税対策講座「相続税こんな場合どうなるの?」

最新の情報につきましては、国税庁ホームページにてご確認下さい。

対策を行なう前に相続が発生してしまった

相続税対策は、早目の対応が何より大切ですが、対策を行なう前に相続が発生してしまった場合は、評価や遺産分割、納税を工夫することで節税を図る必要があります。しかし、「相続対策は生前対策」と言われているように、相続対策は早い時期から対策を立て、実行した方が効果が大きく、相続発生後の対策には限界があり大きな効果は期待できません。

土地の評価額をチェックする

相続税における土地の評価は、市街化区域では「路線価×土地面積」、市街化調整区域では「固定資産税評価額×倍率」で計算されます。
しかし、実際の土地の評価方法はこれに各種の修正が加えられます。そこで、減額につながる要素はないか調べ、実際の評価額をチェックします。
例えば、不整形地や、広大な土地、または土地に斜面がある場合や、間口が狭かったり奥行きが深い土地などは相続税評価が下がりますので、確認しておく必要があります。

遺産分割で評価を下げる

相続税遺産分割とは、誰がどの財産を相続するかということです。遺言で指定されない限り相続人の希望が最も優先されます。
しかし、その一方で少しでも相続税を安くするために遺産の分割を考えることも必要です。例えば、一筆の土地を一人が相続するのと比べ、土地を分割し何人かで相続する方が土地の道路づけや地形などにより、その土地の相続税評価額を安くすることができる場合があります。
また、「配偶者の税額軽減の特例」についても、配偶者の税額軽減の枠を目一杯利用するのか、それとも二次相続を見据え法定相続分の金額にとどめるか等、 いくつかの計画を想定した上で最も有利な分割を実行すべきです。

納税方法を工夫する

相続税は相続発生から10ヵ月以内に原則として現金で納税を行なわなくてはなりません。しかし、現金で納められない場合は、不動産などで納税する「物納」が認められていますが、様々な条件を満たす物件でなければ対象となりません。そこで現金がない場合は、とりあえず相続財産を税務署へ担保に入れて「延納」の手続きを行ない5~20年間で分割して納税します。
その間に銀行から借入れをしたり、不動産を売却するなどして納税資金をつくります。

相続税対策としてアパート・賃貸マンション経営を考えてみませんか?こちらのページには、相続税対策を行なう前に相続が発生してしまった場合についてまとめました。相続後に相続税対策を行なうことは可能です。しかし、相続発生後にできる対策では、節税効果は少ないかもしれませんので、相続税対策は早めに行なうことが望ましいでしょう。ここでは相続発生後にできる相続税対策について解説しておりますので、相続税について知りたい方や相続税対策に土地活用をお考えの方はご活用下さい。土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」におまかせ。土地オーナー様のご要望にお応えし、最適なご提案を致します。