土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営は先進の入居仲介システムです。

続けて相続があった場合は?(相続税こんな場合はどうなるの?)

相続税対策講座「相続税こんな場合どうなるの?」

最新の情報につきましては、国税庁ホームページにてご確認下さい。

続けて相続があった場合は?

10年以内に2回の相続があった場合は、相続税の負担を軽減するために相続税額から一定金額が差し引かれる「相次相続控除」の適用があります。

相次相続控除とは

父が亡くなって数年後、今度は母が亡くなるというように、相続によって財産を受継いだ人が亡くなり、再び相続が起こるということがあります。
こうしたケースでは、残された子供たちの相続税の負担は大きなものになってしまいます。
そこで、10年以内に続けて相続が起きた場合は、同じ財産に対する相続税が過重にならないように、税額を調整するための控除が設けられています。
これを「相次相続控除」と言います。

相次相続控除の算出方法

相次相続控除は、以下の算式にしたがって控除額を算出します。

計算式

  1. 1回目の相続に対して課せられた相続税額
  2. 1回目の相続によって取得した財産の価額
  3. 2回目の相続によって相続人、受遺者全員が取得した財産金額の総額
  4. 2回目の相続によって、相次相続控除対象者が取得した財産の価額
  5. 1回目の相続から2回目の相続までの期間(1年未満の端数は切り捨て)

相続税対策としてアパート・賃貸マンション経営を考えてみませんか?こちらのページには、連続して相続が発生した場合の相続税の扱いについてまとめました。10年以内に2回相続が発生した場合、相続人の相続税負担が過重にならないよう、「相次相続控除」が適用されます。ここでは相次相続控除とはどのようなものか、算出方法などを解説しておりますので、相続税について知りたい方や相続税対策に土地活用をお考えの方はご活用下さい。土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」におまかせ。土地オーナー様のご要望にお応えし、最適なご提案を致します。