土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営は先進の入居仲介システムです。

アパートを建てた場合の評価(相続税はどのように評価されるの?)

相続税対策講座「相続税こんな場合どうなるの?」

最新の情報につきましては、国税庁ホームページにてご確認下さい。

アパートを建てた場合の評価

アパートを建てると、その土地は「貸家建付地」として評価減となり、「小規模宅地等の評価減」を適用すれば、さらに評価額を下げることができます。
また「債務控除」によりアパートローンの残金が控除され、相続税評価は大幅に減少します。

土地の評価額が大幅に軽減される

アパートを建てると、その土地は「貸家建付地」として評価減となり、相続税の評価額が15~24%程度減少します。
さらに、「小規模宅地等の評価減」を適用すれば、土地の200m2までの部分については評価額が50%減少します。

評価額1億円の土地の場合

借入残額は相続財産から差し引くことができる

さらに、アパートローンの借入残額は「債務控除」として相続財産から差し引くことができます。
例えば、相続財産が1億5,000万円で、アパートローンの残金が1億円の場合、相続税評価額は5,000万円となります。

相続税対策としてアパート・賃貸マンション経営を考えてみませんか?こちらのページには、アパートを建てた場合の土地の評価についてまとめました。お持ちの土地にアパートを建てた場合、土地の評価額が下がります。また、アパート建設にあたってローンとして借り入れた残額は債務控除として相続財産から引くことができますので、これらをうまく活用することで相続税を抑えることが可能です。ここでは、アパートを建てた土地の評価額について、図を使い分かりやすく解説しておりますので、相続税について知りたい方や相続税対策に土地活用をお考えの方はご活用下さい。土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」におまかせ。土地オーナー様のご要望にお応えし、最適なご提案を致します。