土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営は先進の入居仲介システムです。

相続税はどんなときにかかるのか?(知って得する相続の基礎知識)

相続税対策講座「知って得する相続の基礎知識」

最新の情報につきましては、国税庁ホームページにてご確認下さい。

相続税はどんなときにかかる?

相続税には「基礎控除額」があり、それを超える部分が相続税の課税対象になります。
「基礎控除額」は法定相続人の人数によって異なるため、残された財産の額が同じであっても相続人の数により税額は変わってきます。

法定相続人の数によって基礎控除額は変わる

相続税は、遺産総額から債務総額を差し引いた「正味遺産額」が、 「基礎控除額」を超える場合に、その超える部分が相続税の課税対象になります。

基礎控除額の求め方

基礎控除額は3,000万円に、法定相続人の数に600万円をかけた額を足して求めます。
そのため、法定相続人の数によって基礎控除額は変わります。

法定相続人 基礎控除額 備考(計算式)
配偶者のみ 3,600万円 3,000万円+(600万円×法定相続人1人)
配偶者と子供1人 4,200万円 3,000万円+(600万円×法定相続人2人)
配偶者と子供2人 4,800万円 3,000万円+(600万円×法定相続人3人)
配偶者と子供3人 5,400万円 3,000万円+(600万円×法定相続人4人)
子供3人 4,800万円 3,000万円+(600万円×法定相続人3人)

相続税対策としてアパート・賃貸マンション経営を考えてみませんか?こちらのページには、どんなときに相続税がかかるのかまとめました。相続税は遺産を相続したときに必ずかかるということはありません。相続税には基礎控除というものがあり、それを超えた部分に対して税金がかかってくるのです。ここでは正味遺産額や基礎控除額の求め方などを解説しておりますので、相続税について知りたい方や相続税対策に土地活用をお考えの方はご活用下さい。土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」におまかせ。土地オーナー様のご要望にお応えし、最適なご提案を致します。