土地活用の東建コーポレーションの賃貸経営は先進の入居仲介システムです。

相続税とは(知って得する相続の基礎知識)

相続税対策講座「知って得する相続の基礎知識」

最新の情報につきましては、国税庁ホームページにてご確認下さい。

相続税とは

相続税とは人が亡くなった場合に、その遺産を相続した「相続人」に対してかかる税金です。
相続税には、特定の人に財産が集中することを避け、富の分配を図るという社会的な理由があります。

相続には3つの選択肢がある

相続とは、亡くなった人の財産を相続人(一定範囲の親族)に受継がせることをいいます。
相続財産には、不動産や預貯金、有価証券などのプラス財産のほかに、借入金や未納の税金などのマイナス財産があります。
そのため、相続では次の3つの選択肢が与えられています。

相続税の選択肢

相続税がかかる理由

所得税、法人税、消費税、酒税…、私たちは色々な税金を納めています。こうした税金の他に、なぜ相続税がかかるのでしょうか?
その理由としては、[1]相続財産は不労所得であるため高い税率を課税される、[2]特定の人に財産が集中しないように富の分配を図るといった意味があります。

[1]相続で得た遺産は不労所得、そのため高い税率が課税される
一生懸命に土地を守ってきて(あるいは働いてきて)、妻や子に財産を残すのに、なぜ高い相続税を納めなくてはならないのでしょうか。
その理由のひとつに、"相続は不労所得"という考え方があります。
つまり、相続を受ける人は結果的にはただで財産を手に入れることとなり、こうした「不労所得」に対して税金をかけようと国が考えているからです。
[2]特定の人に財産が集中しない様に相続税が課税される
もうひとつの理由として、相続税をかけることで、最終的な「富の分配」を行なうという考えがあります。
特定の人に財産が集中することを避け、富の分散化を図るという社会的な理由です。
特定の人に被相続人の遺産を独占させるのではなく、社会にその何割かを還元させるという考え方です。

相続税対策としてアパート・賃貸マンション経営を考えてみませんか?こちらのページには、相続税の基礎知識についてまとめました。相続税は遺産を相続した際にかかる税金です。相続税という名前はよく聞くけれど、実際にどんな仕組みなのか分からないという方もいるのではないでしょうか?ここでは相続の選択肢や相続税のかかる理由などを解説しておりますので、相続税について知りたい方や相続税対策に土地活用をお考えの方はご活用下さい。土地活用やアパート・賃貸マンション経営をお考えなら、土地活用のパイオニア「東建コーポレーション」におまかせ。土地オーナー様のご要望にお応えし、最適なご提案を致します。