NEWS RELEASE

東建コーポレーション株式会社
本社:名古屋市中区丸の内二丁目1番33号
東建本社丸の内ビル
印刷する
2008/01/07
新商品情報

〜 高耐震・経済性・優美なデザイン 〜
『シェルル・ロココレディ』販売開始!

東建コーポレーション(株)(本社:名古屋市中区丸の内、社長:左右田稔、東証・名証一部上場、証券コード:1766)は、「高耐震」「経済性」「洗練された優美なデザイン」の3つをコンセプトとした、賃貸住宅の新商品『シェルル・ロココレディ』を平成20年1月7日(月)から販売開始致しました。

『シェルル・ロココレディ』は、「日本住宅性能表示制度」の「構造の安定」において、最高ランク「耐震等級3」(※)と同等の性能を有する『高耐震鉄骨造』を採用しています。そして、全ての住戸の玄関を1階部分に配置し、共用部分を少なくすることで、建築コストを低減し、経済性にも優れています。
外観は「洗練された優美なデザイン」をコンセプトに、穏やかな曲線を基調としたロココ調をイメージし、賃貸住宅ではひときわ目新しい“ヨーロッパの伝統美を基調にした繊細なデザイン”を実現しました。
外壁カラーは、落ち着いた雰囲気の「ベーシックカラーシリーズ」と、ドイツロマンチック街道の歴史的建築物を参考にした「ロマンチックカラーシリーズ」を採用しております。販売価格は、3.3平方メートル当たり、40.5万円からとなります。

弊社では、今後も住む方の気持ちを大切にした、快適で、安心して暮らせる住まい空間を提供していきたいと考えております。

シェルル・ロココレディ 外観パース

【 住宅性能表示制度の評価基準 】
等級3 病院災害時に救護活動の拠点となる建物
(例)赤十字病院など
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度
等級2 学校災害時に避難場所に指定されている公共施設
(例)学校・警察など
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度
等級1 マンション従来の一般的なマンション 極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震に対して倒壊、崩壊などしない程度

「耐震等級3」とは、消防署や赤十字病院など、災害時に救護活動の拠点となる建物が取得しており、数百年に一度程度の極めて稀に発生する大地震の1.5倍の力に対しても、倒壊、崩壊しない強靭な構造であることを表しています。

シェルル・ロココレディ デザイン・特徴

ヨーロッパの伝統美を基調にした繊細なデザイン

デザイン

強靭な耐震構造

耐震構造

弊社オリジナル技術の『高耐震鉄骨造』は、住宅性能表示制度の「構造の安定」における、最高ランク「耐震等級3」と同等の性能を有し、優れた耐震性を実現しています。

専用階段タイプ

専用階段タイプ

高耐震鉄骨造ではじめて「専用階段タイプ」を採用しました。専用階段タイプとは、すべての住戸の専用玄関を1階に設け、2階住戸へは専用階段を経由する住戸形態です。そのため、『経済性』『独立性』『敷地対応力』に優れています。

外壁カラーバリエーション

ベーシックカラーシリーズ

ロマンチックカラーシリーズ