記憶の中にある風景

黒川紀章


静謐(せいひつ)

茶室の起源は、東山時代に始まるとされている。最初は、書院造の座敷を屏風で仕切った中で茶の湯が行なわれ、この狭い空間が囲いという名称の始まりであり、茶室の起源である。これからしばらくは、四畳半が茶室の正式な形であり、これより広いものを広間、狭いものを小間と言って区別した。
千利休の時代になり、彼は華麗な書院に対し、簡素な農家風の屋根の形式を取り入れる試みを行なった。草庵風の侘びた茶室であり、平面は四畳半を基調としながらも縮小化を追及していった。
利休以後にも、たくさんの茶人がでて、それぞれの好みの茶室を設計したが、それはあくまで壁や窓、床の間の装飾部分の変形であって、畳の数と炉の切り方は利休の定めた方法に従っている。
「不審庵」「又隠」のふたつの茶室は、まさに利休流茶室の典型であり、名茶室と呼ぶにふさわしいものである。


注目ワード