「農家住宅」

近代型農家住宅 監修:黒川紀章

Neo Japanese House


新・伝統主義

明治維新以後、西欧化こそが近代化であるとする発想が、我が国のあらゆる分野における潮流となった。建築界もまさに、この西欧化の道を走り続けてきたと言って良い。この時代の流れのなかで、常に私を刺激し続けてきたものは、忘れ去られようとしている非西欧的なもの、日本的なるものの存在と意味だった。 私達は共通のある記憶を持っている。それは大きく、古い民家の黒ぐろとした土間に踏み込んだ時の、たとえようのない安堵感である。巨大な空間が作る美しさである。この日本の伝統的な民家の記憶は、私達日本人の心の中に、生まれながらに息づいているような気がするのだ。日本人共通の記憶なのである。

また、日本建築の特異性のひとつに、生活と自然との共存関係があげられる。日本古来の建築には、空間を厳しく区切って、外と内とを厳然と分けるということはなかった。たとえば縁側・広縁・ぬれ縁といった空間には、襖や障子を開閉することによって、家の外にもなり内にもなるのだ。この空間における「間」の存在にこそ、日本建築の他に類をみない独自性があり、素晴らしさがある。
「最先端の技術を駆使して、日本の伝統住宅を作ることができたら」私がこう考え、実行に移すまでに時間はかからなかった。 建築家として温め続け、夢見続けた住まいの実現である。私はこの家を、『新・伝統主義』の家と呼ぶ。


切妻の家

切妻の家

日本建築の美しさは、屋根の美しさにあると言っても過言ではありません。寺院や民家の屋根の大きさ、おおらかさに、私達はしばしば圧倒されることがあります。
大棟から両方にふきおろした格好の屋根は、優美で力強い。出雲大社や桂離宮に見られる伝統の様式を、いまに活かします。

ニュープランタン

入母屋の家

入母屋の家

切妻造りの下部に、四方ふきおろし屋根をつけた入母屋の屋根。
寺院建築では金堂や本堂などの主要建築に多く用いられ、豪奢な佇まいを語る。
神殿造りや書院造りなどにも現れる、我が国の代表的な建築様式を、近代技術で再現します。

ニューマチエール

注目ワード