アパート経営の次代を担う、高耐震アパート シェルルTPII

耐震性 強さの秘密は、弊社独自開発の構造体と高耐力フレーム

地震によるねじれ現象の防止に威力を発揮する弊社独自開発の高耐力フレームと、鉄骨柱をバランスよく組み合わせて配置することで、建築基準法で要求される1.5倍の構造強度を実現。 風や地震などによる揺れなど急激にかかる大きな力をしなやかに受け止める安全な構造体です。

  • 1トラス
    パネル化されているため、現場での施工性に優れています。
  • 2
    各階ごとに用いる梁サイズを統一し、少品種・同部材とすることでシンプルな構造体を実現。コストダウンを図りました。
  • 3高耐力フレーム
    独自開発の高耐力フレームが地震などによる大きな力に対応しています。
弊社独自開発の構造体と高耐力フレーム

「耐震等級3」に相当する優れた耐震構造

「シェルルTPII」は住宅性能表示の「構造の安定」における「最高等級3」に相当する強靱な耐震構造が特長。
建築基準法が規定する1.5倍の耐震強度を有し、災害時に避難場所となる公共施設(学校・警察など)のランク「等級2」を上回ります。

【 住宅性能表示制度の評価基準 】
等級3 病院災害時に救護活動の拠点となる建物
(例)赤十字病院など
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度
等級2 学校災害時に避難場所に指定されている公共施設
(例)学校・警察など
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度
等級1 マンション従来の一般的なマンション 極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震に対して倒壊、崩壊などしない程度

ALCパネルで耐震性を向上

「シェルルTPII」の外壁には、ALCパネルを採用しております。 ALCパネルは、比重0.6で水に浮く程、軽い建材です。
建物を軽量化することで、地震時の建物への負担を軽減します。

水に浮く程、軽い建材・ALCパネル

「カチオン電着塗装」を施した、錆に強い構造部材

カチオン電着塗装

「カチオン電着塗装」を施したシェルルTPIIの鉄骨部材は、自社工場のフルオートメーション化によって生産され、国土交通省の大臣認定にて「耐用年数65年」の評価を取得しています。
さらに自動溶接ロボットを導入し、施工品質の向上と生産体制の効率化に努めています。

ページトップへ

注目ワード