耐震性・耐風性などに優れた木造2×4工法を採用した「スターテラス」のご紹介です。

建物性能

耐震性・耐風性などに優れた木造2×4工法を採用した「スターテラス」

『スターテラス』は枠組壁材を組み合せた木造2×4工法により、優れた耐震性や遮音性・耐火性・耐久性などを備えています。
また、シックハウス対策や省令準耐火構造を採用しています。木材がもたらす優しさや快適さを保ちながら、安全性やランニングコストにも配慮した住まいをお届けします。

遮音性

様々な音から快適環境を守ります。

弊社オリジナルの高遮音床 TKS-55(東建高遮音床-55システム)特許出願中

2階の床下に設置した「防振ダンパー」や「受け材」、「防振吊木」などにより床の振動を抑え、木造賃貸アパートでは最高レベルの遮音性となる「LH-55」※1を実現※2しました。

  • ※1  LH-55とは、上階の歩行音(重量床衝撃音)などに対する鉄筋コンクリートスラブ厚200mm相当の遮音性能のことです。
  • ※2  国が指定する公的機関(財)建材試験センターでの測定結果により、LH-55を実証済みです。
TKS-55(東建高遮音床-55システム)

耐震性・耐風性

地震や台風に強い『木造2×4』工法により優れた耐震性・耐風性を発揮。

木造工法の違い

日本に住む限り、住まいづくりに大きくかかわってくるのが、地震と台風です。
『スターテラス』は床・壁・天井の6面で構成された箱形構造(枠組壁式工法)を採用。

これは枠組壁の基本構造材に、約2インチ×約4インチサイズの木材を主に使用していることから「2×4(two by four)」工法と呼ばれており、北米では木造住宅の一般的な工法となっています。

一般的な木造在来工法の木造住宅が、柱や梁・筋かいなどの「軸」で構成されているのに対し、木造2×4工法は、床や壁・屋根などの「面」で構成。
外部からかかる荷重を均一に分散し、優れた耐震性・耐風性を発揮します。しかも建物全体の重量が軽いため、地震の負荷を最小限に留めます。

耐火性

防火性能の高い「ファイヤーストップ構造」を採用。

ファイヤーストップ構造

床・壁の要所に『ファイヤーストップ構造』を採用。炎の燃え広がりを防ぎます。
さらに外壁には防火サイディング、居室壁には、防火性能の高いプラスターボードを使用。火災が発生しても延焼・類焼を最小限に防ぐことが
できます。

「2×4・ユニヴァリィ」は、省令準耐火構造に 準じた仕様となっております。
※省令準耐火構造とは、住宅金融支援機構などが準耐火構造に準ずる耐火性能を有すると定めた構造です。

耐久性

外壁通気工法で気になる結露も解消。

壁内部に空気の通り道を設ける外壁通気工法は、通気性を保つとともに壁内部の結露を防ぎます。
また準寒冷地仕様では、1・2階とも外壁及び天井部分に防湿気密シートを設置。室内の気密性を高め、断熱性能を向上させます。

外壁の基本構成
ベタ基礎・基礎パッキン

ベタ基礎・基礎パッキン

土に接する部分はすべてコンクリートです。また、基礎上部に合成樹脂製のパッキンを設置し、換気・耐久性を向上しました。

24時間換気機能付浴室暖房

湿気とカビの発生を防ぐ24時間換気機能付浴室暖房を標準装備。衣類乾燥から、換気・暖房・涼風まで1台4役の高機能で、浴室をいつも快適な環境に保ちます。また、寒い冬でも事前に浴室内を暖めておけるので、ヒートショックを防ぎ入浴時の安全性も高めます。

24時間換気機能付浴室暖房

シックハウス対策

快適で健康な居住空間を提供していくうえで、今後ますます注目されていくシックハウス対策。
『スターテラス』は、初期投資・維持費を抑え、換気効率を考慮した24時間換気機能付きの浴室暖房乾燥機を標準装備しています。
また、内装仕上材に使用する建材についてはF☆☆☆☆品、建具類はJIS、JASまたは大臣認定を取得した適正製品を使用しています。