土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

アパート経営事典
相続編

  • 文字サイズ

アパート経営の目的のひとつに、相続税対策があります。なぜアパートを建てると相続税対策になるのでしょうか。「相続編」では、相続税の基礎知識から始まり、相続財産の評価方法、節税の仕組み、相続の申告手続きなどを紹介します。

1相続税とは

  • 相続税の法定相続人と法定相続分、遺留分・特別受益・寄与分

    相続税の法定相続人と法定相続分、遺留分・特別受益・寄与分

    相続とは、亡くなった人の財産などを相続人が引き継ぐことで、そのルールは民法に定められています。誰が相続人になるのか、どれくらいの遺産を取得できるのかなど、基本のルールを確認していきましょう。

  • 相続税の税率・基礎控除

    相続税の税率・基礎控除

    税制改正により、最高税率が上がった相続税。できれば避けて通りたいと考えている土地所有者様も多いのではないでしょうか。実は、しっかりと対策をすれば節税しやすい税金なのです。まずは、相続税の基本を押さえておきましょう。

  • 相続財産の範囲

    相続財産の範囲

    人が亡くなると、たくさんの物が遺されます。それらすべてが相続税の対象になるのでしょうか。もしも、マイナスの財産があったらどうなるのか。相続財産と相続税の関係を確認しておきましょう。

2相続財産の評価と計算

  • 相続における土地・建物の評価と、評価額の引き下げ

    相続における土地・建物の評価と、評価額の引き下げ

    相続した土地は、一定のルールにしたがってその価格を計算します。これを「評価」と言います。ここでは、土地と建物の評価方法について基本のルールと、評価額を引き下げる方法についてご紹介します。

  • 相続における生命保険の評価

    相続における生命保険の評価

    生命保険金は、受取人のものになるので、相続財産として遺産分割の対象にはなりません。ただし、「みなし相続財産」として、相続税の課税対象になります。

  • 相続における株式の評価

    相続における株式の評価

    株価は常に変動しています。課税対象になるのは、いつ時点の株価でしょうか。上場株式の評価を中心に、確認していきましょう。

3相続税の節税対策

  • 財産評価額の引き下げ
    (建物の建築)による節税

    財産評価額の引き下げ(建物の建築)による節税

    「建物の建築による節税(アパート経営で節税)」とは、どのような仕組みを利用したものでしょうか。不動産の評価方法がそのカギを握っています。

  • 基礎控除額の引き上げ
    (養子縁組)による節税

    基礎控除額の引き上げ(養子縁組)による節税

    基礎控除は、節税対策の大きな要です。養子縁組によって基礎控除額を引き上げる際の注意点を確認しておきましょう。

  • 一次相続
    (配偶者控除)による節税

    一次相続(配偶者控除)による節税

    配偶者控除は相続税節税の強力な武器です。しかし、二次相続を見据えた対策をしておかないと、あとが大変になります。

  • 非課税枠の活用
    (生命保険)による節税

    非課税枠の活用(生命保険)による節税

    現預金で持っているよりも、生命保険にした方が節税効果があります。その仕組みを知っておきましょう。

  • 法人化による節税

    法人化による節税

    法人化による相続税節税のポイントは2つ、贈与税を支払うことなく財産を移転することと、評価の引き下げです。

  • 遺言書による相続の対策

    遺言書による相続の対策

    遺言書を作る人は増加傾向にあります。自分自身の希望をかなえるだけでなく、相続争いを避けたり、すみやかな相続手続きをできるようにするには、どんな点に注意したら良いでしょうか。

4相続税の申告

  • 相続税の申告・納付期限

    相続税の申告・納付期限

    相続税は、税務署から納付書などが送られてくるのではなく、納税義務者自身が申告し、納税手続きをしなければなりません。

  • 相続税に関する申告書

    相続税に関する申告書

    相続税の申告書は、国税庁のホームページからダウンロードすることができます。また、近くの税務署で一式もらうこともできます。もし自身で申告するなら、手引きをもらってよく読んでから申告書を作成しましょう。

  • 相続税の延納・物納

    相続税の延納・物納

    一度で納税できないときや、金銭で納税できないときには「延納」「物納」も選択できます。どちらも申告期限までに申請し、許可を得なければなりません。

  • 相続税の修正申告・更正請求

    相続税の修正申告・更正請求

    相続税を納付したものの、間違えて少なく払ってしまったときや、多く払ってしまったときには対応するための手続きがあります。

5実際の手続き

  • 亡くなってすぐの手続き

    亡くなってすぐの手続き

    人が亡くなったときの手続きは、次々にやるべきことが出てきます。期限がある手続きも多いので、まずは全体像を把握しましょう。

  • 生命保険の請求

    生命保険の請求

    生命保険金は、請求しなければ支払われません。請求のタイミングを逃さないよう、必要な手続きや書類について整理しておきましょう。

  • 遺言書の開封

    遺言書の開封

    もし、遺言書が出てきたらどう扱うべきでしょうか。扱いを誤ると、のちの相続トラブルにつながることもあります。基本のルールを知っておきましょう。

  • 相続発生後の遺産分割

    相続発生後の遺産分割

    相続が開始されると、被相続人の財産は原則として相続人全員の共有となります。そして、誰がどの財産をどれくらい取得するのかを決めることを遺産分割と言います。

  • 相続した財産の名義変更

    相続した財産の名義変更

    遺産分割協議書を作ったら、各窓口で名義変更の手続きをします。代表的な手続きについてまとめました。

  • 不動産を相続時の相続登記

    不動産を相続時の相続登記

    不動産の名義変更は、登記によって行ないます。登記しないと、売ったり貸したりすることが難しいだけでなく、のちにトラブルになることもあります。

6争続事例

  • 不動産の相続で実際にあった
    争続事例

    不動産の相続で実際にあった争続事例

    不動産は分けにくい財産なので、相続争いのもとになることが少なくありません。実際の事例と、その対処法をまとめました。

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらのページでは、「アパート経営事典」の「相続編」についてご紹介。相続にまつわる基本的な知識はもちろん、相続税についての控除や制度についてまとめました。他にも、相続財産の評価や計算の仕方、知っていると得する様々な節税対策の情報も掲載しております。相続についての不安などは、ぜひ「アパート経営事典」で解決して下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業