土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

アパート経営事典
資金融資編

  • 文字サイズ

アパート経営を始めるには、ある程度まとまった大きな金額が必要になります。金融機関から借入れるためには、資金融資に関する知識が必須。「資金融資編」では、事業資金融資の基本知識から始まり、金融機関への融資の申込み、アパート経営開始後の資金計画について解説しています。

1事業資金融資の基本

  • 借金と融資の違い

    借金と融資の違い

    不動産投資をする上で避けては通れないのが銀行とのお付き合いです。銀行からの借り入れを上手く出来るかどうかが、不動産投資の成功失敗を左右するといっても過言ではありません。

  • 元利均等方式と元金均等方式

    元利均等方式と元金均等方式

    銀行から融資を受けた場合、元金に加えて利息も合わせて支払わなければならないのは、みなさまもご存知のことでしょう。
    では、毎月の支払額はどうやって決まるのでしょうか。

  • アパートローンと
    プロパーローン

    アパートローンとプロパーローン

    不動産投資における最大のハードルは「良い条件で融資を受けること」と言っても過言ではありません。
    資金さえあれば賃貸物件の取得自体は難しくはないかと思います。

  • たくさんの銀行

    たくさんの銀行

    アパート経営を行なうためには、アパート建築のための資金を金融機関から融資を受けて調達するケースが一般的です。
    一口に銀行と言っても、メガバンクや地方銀行などその種類は様々で、それぞれに特徴があります。

2レバレッジの魅力

  • 「てこの原理」で
    アパート経営

    「てこの原理」でアパート経営

    最近「レバレッジ」という言葉を皆様はよく耳にするようになったのではないでしょうか。きっかけは不動産投資ではなく、FX(外国為替保証金取引)の人気が出た時期から、頻繁に使われるようになりました。

  • 自己資本利回りとは

    自己資本利回りとは

    アパートなどの賃貸物件を建築する際は、金融機関から融資を受ける場合がほとんどです。しかし、アパートの規模や本人の属性によって融資条件は左右されます。

  • 海外が羨む日本の金利

    海外が羨む日本の金利

    最近では、国内不動産の売買価格の高騰により、海外不動産に興味を持たれる方も増加してきています。わが国は、人口減少・少子高齢化などにより、昔よりも厳正な立地選択が必要となっており、不動産投資家が海外不動産に目を向けるのも考えられる流れです。

3アパートの融資申込み

  • 個人情報の開示

    個人情報の開示

    アパート経営を成功させるための情報には様々なものがありますが、その中でも、融資について知ることは必要不可欠であると言えます。
    ここでは、融資を受けるにあたって重要な要素となる、「信用情報」に関してご説明します。

  • アパート経営の事業計画書

    アパート経営の事業計画書

    金融機関が融資を検討する際、融資の可否を判断するにあたっての審査基準は、非常に多岐に渡ります。アパートローンの審査基準は大きく分けると、「個人」と「アパート」の2つに分けることができます。

  • 融資の連帯保証人

    融資の連帯保証人

    アパートの建設資金の融資を受ける際には、「連帯保証人」を立てるのが一般的です。債務者が返済できず債務を履行できない場合には、保証人がその債務を履行する責任を負うことを「保証」と言い、保証人の負う債務のことを「保証債務」と言います。

  • 団体信用生命保険とは

    団体信用生命保険とは

    団体信用生命保険(通称:団信)とは、金融機関から融資を受ける際に債務者が加入する生命保険です。被保険者(=債務者)が死亡・高度障害など、保険の支払い条件を満たした状態に陥ったときに保険金が金融機関に支払われ、融資残高がゼロになるという保険です。

4アパート経営開始後の
資金計画

  • アパートローン借り換えの
    「いろは」

    アパートローン借り換えの「いろは」

    アパート経営における成功の要素の中でも、大きなウエイトを占めるのが融資です。アパートの建築費を全額自己資金でまかなう方は少なく、ほとんどの方が金融機関から融資を受けることになります。

  • 繰り上げ返済で
    金利を下げる

    繰り上げ返済で金利を下げる

    アパート経営を行なうにあたっては、金融機関から融資を受けることになりますが、事業の採算性を考えた場合、無駄な金利は1円たりとも払いたくないと思うのは当然のことです。

5公的金融機関で融資を
受ける

  • 日本政策金融公庫で
    融資を受ける

    日本政策金融公庫で融資を受ける

    アパートを建築する際に、どの金融機関から融資を受けるかを決めるために、ひとつひとつ自分の力だけで調べていくことは非常に大変です。ここでは、アパート建築のための融資を受けることができる金融機関のひとつ、「日本政策金融公庫」について解説します。

  • 住宅金融支援機構で
    融資を受ける

    住宅金融支援機構で融資を受ける

    アパート経営を始める最初のきっかけは人それぞれかと思いますが、アパートの建築費用をすべて自己資金で調達しようと考える方は少なく、ほとんどのアパートオーナー様は、金融機関から融資を受けてアパート経営を始めています。

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらのページでは、「アパート経営事典」の「資金融資編」についてご紹介。借金や融資、アパートローンとプロパーローンの違いや比較をお伝えするだけでなく、「事業資金融資の基本」や「レバレッジの魅力」についても解説致します。また、アパート融資について詳しく紹介する「アパートの融資申込み」と、経営開始後にするべき「アパート経営開始後の資金計画」についてまとめました。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業