土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

土地活用の東建コーポレーション

土地活用が分かる、土地活用の図書館。

土地活用ライブラリー

公開日:

土地活用プランナーの仕事、資格

  • 文字サイズ
土地活用のプロ!土地活用プランナーの仕事、資格について解説

すでに更地になっている土地をお持ちの方は、様々な業者から土地活用の提案を受けているのではないでしょうか。どの提案が本当に良い提案なのか、判断に迷っている…そのような方も多いかもしれません。

今回は、土地活用の必要性について詳しく解説するとともに、なかなか次の一歩を踏み出せない方に「土地活用プランナー」という資格について紹介します。

もし土地オーナー様がこの資格を取得すれば、業者からの提案を広い視野で判断できるようになります。また、資格を取得しなくても、土地活用プランナーについての知識を蓄えておくことで、土地活用プランナーに依頼したいときの判断材料を増やすことが可能です。

土地活用プランナーとは

土地活用プランナーとは

土地は、その他の商品と決定的に違うところがあります。それは国土であるということです。土地には所有者がいますが、同時に土地によって日本という国の姿が決まっています。土地オーナー様が自身の土地を活用することは、国土を使うことでもあるのです。

土地活用においては、土地オーナー様の利益を最大化するとともに、社会全体の利益も考えなければなりません。
また、土地を有効に活用するには、建築や土木、建設、法律、税務、マーケティング、不動産ビジネスといった知識が必要になります。

このように多角的な視点から土地をながめて活用方法を決めるには、専門的な知識が必要です。土地活用プランナーの有資格者は、そのような知識を持っている人とみなされます。

土地活用プランナーの資格について

土地活用プランナーの資格について

土地活用プランナーは、公益社団法人東京共同住宅協会(本部・東京都渋谷区)が認定する民間資格です。資格を取得するには同協会に申込み、認定試験を受ける必要があります。
認定試験の内容は、次の通りです。

  • 土地活用プランナーの役割・土地活用にまつわる市場の動向・土地活用にまつわる法律・資金計画と資金準備・土地活用に関する税金・建築や設備の基礎知識
  • 不動産ビジネスのマーケティング・不動産ビジネスのスケジューリング・近隣対策や明け渡しの交渉など・プランニングの実践・土地活用とパートナーの選定について・事業収支計画書の見方・事業計画書のつくり方・土地活用手法・付加価値物件・賃貸管理・建物管理

認定試験は40問で、マークシート方式で出題されます。試験時間は60分です。
受験料は税別7,000円となっています。

同協会は、合格ラインとなる点数を明確に設定しているわけではありません。上位7075%が合格になるように合格基準点を定めています。

試験は誰でも受けることができます。職業、学歴、年齢、性別、国籍など一切不問です。

そして、試験に合格した人のうち、次のいずれかの条件にあてはまる方は、同協会が土地活用プランナーとして登録します。

  • 建設業、不動産業に2年以上従事していた方
  • 弁護士、司法書士、測量士、一級建築士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を保有して2年以上経過している方

そして、同協会に登録することによって認定証が発行され、それ以降は土地活用プランナーを名乗ってビジネスすることができるのです。ちなみに、登録の有効期限は2年で、初回登録料は税別6,000円、2年ごとの更新料は同12,000円となっています。更新する場合には、更新講習の受講が必要です。

なお、受験対策としては、東京リーガルマインド(LEC)が行なっている「土地活用プランナー認定試験対策講座」が有効と言えます。この講座の内容が試験範囲になっているからです。

土地オーナー様が土地活用プランナー資格を取得するメリット

土地オーナー様が土地活用プランナー資格を取得するメリット

土地オーナー様が土地活用プランナーの資格を取得することには大きなメリットがあると言えます。なぜなら、土地活用はれっきとした不動産ビジネスだからです。
例えば、土地オーナー様が所有している土地がアパートに適していたとしても、アパート経営の知識が備わっていなければ「駐車場にでもしておくか」といった判断を下してしまうかもしれません。つまり、大きな利益を得る機会を逃してしまう可能性もあるということです。

不動産ビジネスを始めるのにあたり、何かしらの資格が必要になるわけではありません。ただし、ビジネスである以上、取り組み方次第では得したり損したりすることがあることを把握しておく必要があります。特に土地は、個人の家計の中で最大規模の資産なので、その活用に失敗すると家計に大きなダメージを与えることになりかねません。

その点、土地活用プランナーの資格を取得することで、不動産ビジネスの進め方や、不動産関連の税金・土地資産の運用に関する知識を身に付けられます。こうした専門知識を持っておけば、土地を使って利益を確保できる確率が高まるのです。その結果、自分の土地を納得いく形で使っていくことができます。

東京共同住宅協会は、土地オーナー様がこの資格を取得するメリットとして次のように述べています。

「土地オーナー様は多くの業者から提案を受けることになります。もし不適切な提案を鵜呑みにして間違った土地活用をしてしまえば、借入金の返済ができなくなるなど、取り返しのつかない事態になりかねません。そこで土地活用プランナーの資格を取得して土地活用の知識を獲得すれば、本当に良い提案かどうかを判断できるようになります。それは土地オーナー様の自己防衛になります。」

(企業の)土地活用プランナーに相談するメリット

(企業の)土地活用プランナーに相談するメリット

土地オーナー様自身が資格を取るのが難しい場合は、自身の土地で不動産ビジネスを始めるときに土地活用プランナーへ相談するというのもひとつの手段です。土地活用プランナーの有資格者は、土地活用、税金、法律、金融などに長けています。

仕事で土地活用プランナーを名乗るには、同協会に登録しなければなりません。
また、登録できるのは、建設業または不動産業に2年以上従事している人などと限られています。
つまり、プロの土地活用プランナーは、実務に精通しつつ、豊富な知識を持っている可能性が高いということです。

土地活用プランナーの主な業務内容

土地活用プランナーの主な業務内容

土地オーナー様が土地活用プランナーに相談すると、次のようなサポートやサービスを受けることができます。

  • 土地活用の相談
  • 土地活用の計画立案
  • 土地を活用した不動産ビジネスのサポート
  • 不動産ビジネスのスケジュール管理
  • 資金調達への助言
  • 建設会社選定への助言
  • パートナー業者の選定への助言
  • 工事現場進捗管理への助言

土地があれば、アパート・賃貸マンションや駐車場、ビルなどを経営することができます。土地活用プランナーは、土地活用の分野におけるビジネスアドバイザーとも言える存在ですので、状況に応じて有効活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ 土地活用プランナーに相談して有効な土地活用を検討しませんか

まとめ 土地活用プランナーに相談して有効な土地活用を検討しませんか

土地活用をお考えの土地オーナー様が、不動産ビジネスや法規制についての知識を深めるために土地活用プランナーの資格を取得するのは有益なことと言えます。
また、ご自身で資格取得をしない場合でも、土地活用に不安があるのであれば、土地活用プランナーに相談してみるのもひとつの手です。依頼方法としては、土地活用プランナーが在籍しているサービスを利用したり、不動産会社から直接紹介してもらったりする方法があります。専門知識を有している人からのアドバイスも活かしていってみてはいかがでしょうか。

※この記事は、20198月時点の情報に基づいて作成されています。

逆瀬川 勇造  
さかせがわ ゆうぞう
地方銀行にてリテール業務に従事後、不動産部門のある注文住宅会社にて新築住宅、不動産売買業務に携わる。 金融知識を活かした住宅ローン提案、綿密なヒアリングからのライフプランニング、税金や相続のアドバイスから税理士への橋渡しなど、新築住宅、不動産売買にまつわる金銭問題の解決を得意とする。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業
土地活用
建築商品一覧
東建の高耐震技術
お部屋探し
求人・採用情報
最新のパブリ情報
企業情報
IR情報
The President

土地活用をご検討中の方へ土地活用をご検討中の方へ

弊社では土地活用に関する
ご相談を受付けております。

メール問合せ