土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

土地活用の東建コーポレーション

資料請求 ご相談 支店検索

土地活用が分かる、土地活用の図書館。

土地活用ライブラリー

公開日:

土地活用に活かせる10の資格を紹介

  • 文字サイズ
土地活用に活かせる10の資格を紹介

土地オーナー様が、自身の土地を活用して本格的に不動産事業に乗り出すためには、より専門的な知識が求められます。その専門的な知識を蓄えるための一環として、土地活用に活かせる資格の取得は有効な方法と言えるでしょう。

不動産業務においては、医師免許や弁護士資格のように「その資格がなければ特定の仕事ができない」と言うことはほとんどありません。しかし、今回紹介する資格を取得することで、土地活用に必要な知識をスムーズに獲得することができるでしょう。

また、資格を持っていることで、賃貸マンション・アパートの入居者様や取引先の信頼感が増し、不動産事業がスムーズに運ぶようになります。今回は、土地活用に活かせる資格についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

土地活用に活かせる資格

土地活用に活かせる資格

土地オーナー様におすすめする土地活用関連の資格は、次の10種類です。

  • ①土地活用プランナー
  • ②宅地建物取引士
  • ③宅建アソシエイト
  • ④ファイナンシャルプランナー
  • ⑤福祉住環境コーディネーター
  • ⑥マンション管理士
  • ⑦管理業務主任者
  • ⑧不動産実務検定
  • ⑨ホームインスペクター
  • ⑩日商簿記検定

それぞれの資格について、概要、取得方法、土地オーナー様が取得するメリットを紹介します。

①土地活用の専門知識を持つ認定資格「土地活用プランナー」

土地活用の専門知識を持つ認定資格「土地活用プランナー」

土地活用プランナーの概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

土地活用プランナーは、土地活用事業のマーケティング、プランニング、事業収支計画、権利調整、法務、税務などのスキルを評価する資格です。

取得方法

東京共同住宅協会が行なう試験に合格し、協会に登録することで資格を取得できます。協会に登録するには、不動産業での2年以上の実務経験などが必要です。

試験の出題形式はマークシートの4肢択一形式で、出題数は40問、試験時間は60分。職業、学歴、年齢などに関係なく受験できます。受験料は7,000円(税別)です。

取得メリット

土地オーナー様がこの資格を取得するメリットは、土地活用のスキルが身に付くことです。 また、法律や税金に詳しくなるのでコンプライアンスを遵守した土地活用ができます。

土地活用プランナーについて、具体的な仕事内容や土地オーナー様が資格を取得することに対するメリットなどは、以下のページでもご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

参考:「土地活用のプロ!土地活用プランナーの仕事、資格について解説

②土地や住宅に関する国家資格「宅地建物取引士」

土地や住宅に関する国家資格「宅地建物取引士」

宅地建物取引士の概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

宅地建物取引士は、宅地建物取引業を営むために必要な知識を持っていることを評価する国家資格です。不動産売買契約時の重要事項の説明や記名・押印、契約書への記名・押印は法律的に宅建士にしか許されていません。

取得方法

資格を取得するには、試験に合格し、都道府県知事の資格登録を受け、宅地建物取引士証の交付を受ける必要があります。

試験は4肢択一式で50問出題されます。受験料は7,000円(非課税)です。

取得メリット

土地オーナー様がこの資格を取得すると、「土地の形質、地積、地目及び種別ならびに建物の形質、構造及び種別に関すること」「土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること」「土地及び建物についての法令上の制限に関すること」などの知識が身に付きます。

③不動産売買の実務が分かる「宅建アソシエイト」

不動産売買の実務が分かる「宅建アソシエイト」

宅建アソシエイトの概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

宅建アソシエイトは、不動産の売買仲介の現地案内で、顧客に適切に対応するスキルを評価する資格です。

取得方法

この資格は、全国住宅産業協会、全国宅地建物取引業協会連合会、不動産協会、不動産流通経営協会が連携して実施する研修を受けることで取得できます。

勤務先がこの4団体に属している人が受講できます。受講費は4,800円(非課税)です。

取得メリット

土地オーナー様がこの資格を取得すると、不動産の売買仲介業務のスキルが身に付きます。事業を拡大しようとしている場合には、より有益な資格となるでしょう。

④お金のプロフェッショナル「ファイナンシャルプランナー」

お金のプロフェッショナル「ファイナンシャルプランナー」

ファイナンシャルプランナーの概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

ファイナンシャルプランナーは、年金や保険、資産運用、税制、住宅ローン、不動産、相続などの知識を有していることを評価する資格です。

ファイナンシャルプランナーには、国家資格のFP技能検定と、日本FP協会が認定するAFP・CFPがあります。

取得方法

FP技能検定の「2級」は日本FP協会の「AFP」に相当し、FP技能検定「1級」は日本FP協会の「CFP」に相当します。

いずれも試験に合格することで資格を取得することができます。受験料は1級20,000円(非課税)、2級8,700円(非課税)、3級6,000円(非課税)です。

また、AFPになるには、日本FP協会認定の教育機関が実施するFP講座を修了し、指定試験に合格するなど一定の要件を満たすとAFP資格を取得することができます。CFPになるには、さらなる試験に合格する必要があります。

取得メリット

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するには、お金にかかわる様々な知識を蓄える必要があるため、土地オーナー様がこの資格を取得すると、土地活用を資産形成の視点から検討することができるようになるでしょう。

⑤高齢者や障がい者の住まいに関する専門知識「福祉住環境コーディネーター」

高齢者や障がい者の住まいに関する専門知識「福祉住環境コーディネーター」

福祉住環境コーディネーターの概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障がい者の方々が自立して生活ができる住環境の提案スキルを評価する資格です。

取得方法

福祉住環境コーディネーターには1~3級があります。試験はマークシート形式で、100点満点中70点で合格となります。試験時間は2時間です。

1級のみ、試験に記述が加わります。

試験には「高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備」「障がい別にみた福祉住環境整備」「福祉住環境整備とケアマネジメント」「福祉住環境整備の進め方」「福祉住環境整備関連職への理解と連携」といった内容が出題されます。

受験料は、1級11,000円(税別)、2級6,600円(税別)、3級4,400円(税別)です。

取得メリット

土地オーナー様がこの資格を取得すると、高齢者や障がい者の方々に対する理解が深まり、バリアフリー住宅の知識が身に付きます。

高齢者向け住宅で土地活用をしようとしている土地オーナー様にも向いている資格です。

⑥難易度が高い国家資格「管理業務主任者」

難易度が高い国家資格「管理業務主任者」

管理業務主任者の概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

管理業務主任者は、マンション管理業者がマンション管理組合に対して、管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行なうときに必要になる国家資格者です。

取得方法

管理業務主任者になるには、管理業務主任試験に合格して、管理業務主任者として登録する必要があります。

試験には「管理事務の委託契約に関すること」「管理組合の会計の収入及び支出の調定ならびに出納に関すること」「建物及び附属設備の維持または修繕に関する企画または実施の調整に関すること」などが出題されます。

50問、4肢択一式、マークシート方式で出題されます。

受験料は8,900円(非課税)です。

取得メリット

土地オーナー様がこの資格を取得すると、マンション管理に関する知見を持つことができます。賃貸マンション経営を考えている土地オーナー様におすすめです。

⑦マンション管理の専門家「マンション管理士(マン管)」

マンション管理の専門家「マンション管理士(マン管)

マンション管理士の概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

マンション管理士は、マンション区分所有者から、マンション管理組合の運営やマンション管理についての相談を受けたときに、助言、指導、援助ができるスキルを評価する資格です。

取得方法

マンション管理士は試験に合格すると取得できます。

試験では「建物の区分所有等に関する法律」「被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法」「管理組合の組織と運営」「マンションの構造・設備」「長期修繕計画」などについて出題されます。

出題数は50問で、4肢択一式、マークシート方式。受験料は9,400円(非課税)です。

取得メリット

土地オーナー様がこの資格を取得すると、マンション住人から相談があったときに的確に回答できるようになります。

⑧不動産の基礎が学べる「不動産実務検定」

不動産の基礎が学べる「不動産実務検定」

不動産実務検定の概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

不動産実務検定は、不動産経営や不動産投資に関するスキルを評価する試験です。

取得方法

不動産実務検定には「ライフプランニング」「不動産投資」「満室経営」「税金対策」「建築」「ファイナンス」「土地活用コンサルティング」などの知識が出題されます。

4肢択一で50問出題されます。

全国126カ所のパソコン教室で毎日受験できます。1級と2級があり、いずれも50問を60分で解きます。受験料は1級が8,000円(税別)、2級が7,000円(税別)です。

取得メリット

土地オーナー様を含む不動産オーナー様を対象とした資格なので、土地活用の知識を得ることができます。

⑨建物のコンディション(劣化状態)を把握する「ホームインスペクター(住宅診断士)」

建物のコンディション(劣化状態)を把握する「ホームインスペクター(住宅診断士)」

ホームインスペクターの概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

ホームインスペクターは、住宅診断のスキルを評価する資格です。住宅診断(ホームインスペクション)とは、欠陥住宅を見抜いたり、補修がどの程度必要なのか見積もったり、住宅があと何年ぐらいもつのかを推定したりする技能のことです。

取得方法

ホームインスペクターになるには「JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験」に合格する必要があります。

試験には「住宅にかかわる建築の法規や実務範囲のガイドラインに関すること」「木造住宅、マンションの主に構造に関すること」「住宅の給排水、衛生、空調、電気設備等の呼称や一般的な仕様に関すること」「木造住宅、マンションの劣化の判断に関すること」などが出題されます。4肢択一式で、50問が出題され、受験料は14,000円(税込)です。

取得メリット

土地オーナー様がこの資格を取得すると、土地活用で建てた賃貸マンション・アパートの劣化状況が分かるようになります。それにより正確な補修計画が作れるので、資金繰りを検討することができます。

⑩会計の知識を身に付け経営に役立てる「日商簿記検定」

会計の知識を身に付け経営に役立てる「日商簿記検定」

日商簿記検定の概要、取得方法、取得メリットは次の通りです。

概要

日商簿記検定は経理や会計の知識を評価する試験です。

帳簿、費用、収益率、経営状況に関する知識を身に付けることができます。

取得方法

日商簿記検定は1級、2級、3級があります。それぞれ難易度の異なる試験を実施し、合格すると「簿記〇級」と言う資格を取得したことになります。

受験料は、1級7,850円(税込)、2級4,720円(税込)、3級2,850円(税込)です。

受験料の他に、事務手数料550円(税込)が必要です。

取得メリット

土地オーナー様がこの資格を取得すると、自身の賃貸マンション・アパート経営が順調なのかそうでないのかが分かるようになります。

賃貸マンション・アパート経営を始めた土地オーナー様は、個人であっても実質的に「社長」または「経営者」なので、経営がみえるようになる簿記資格は有効です。

まとめ
資格は土地活用を「見える化」する

まとめ 資格は土地活用を「見える化」する

今回ご紹介した資格を取得することで、より様々な視点から土地活用の方法を検討していくことができるようになります。そのため、土地活用を事業化しようとしている土地オーナー様はもちろんのこと、副業で土地活用をしている方にも、今回ご紹介した資格は極めて有益なものと言えるのではないでしょうか。

資格を取得することでビジネスがスムーズに運びますし、資格を取得するための勉強で土地活用の「本質」や「構造」が見えてきます。ぜひこの機会に、資格取得にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

なお、東建コーポレーションでは土地オーナー様の土地活用をお手伝いさせて頂いております。蓄積されたノウハウを活かして全面的にバックアップ致しますので、土地活用に関してお悩みの際は、ぜひお気軽にご相談下さい。

※この記事は、2019年9月時点の情報に基づいて作成されています。

逆瀬川 勇造  
さかせがわ ゆうぞう
地方銀行にてリテール業務に従事後、不動産部門のある注文住宅会社にて新築住宅、不動産売買業務に携わる。 金融知識を活かした住宅ローン提案、綿密なヒアリングからのライフプランニング、税金や相続のアドバイスから税理士への橋渡しなど、新築住宅、不動産売買にまつわる金銭問題の解決を得意とする。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業
土地活用
建築商品一覧
東建の高耐震技術
お部屋探し
求人・採用情報
最新のパブリ情報
企業情報
IR情報
The President