土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

土地活用の東建コーポレーション

資料請求 ご相談 支店検索

土地活用が分かる、土地活用の図書館。

土地活用ライブラリー

公開日:

駐輪場経営で土地活用するメリット・デメリットまとめ

  • 文字サイズ
駐輪場経営で土地活用するメリット・デメリットまとめ

遊休地を有効活用するための方法は数多く存在しますが、その中でも比較的ハードルの低い土地活用方法として「駐輪場経営」が挙げられるでしょう。放置自転車は社会問題にもなっているため、駐輪場経営は自身の土地を活用しながら社会貢献にもなります。

そんな駐輪場経営には様々なメリットがありますが、デメリットも存在するため、それぞれを把握した上で駐輪場経営を検討していくことが大切です。今回は、土地活用の手段として駐輪場経営を行なうメリット・デメリットについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

土地活用で駐輪場経営が選ばれる理由(メリット)

土地活用で駐輪場経営が選ばれる理由(メリット)

土地活用で駐輪場経営を選択する土地オーナー様が多いのは、駐輪場経営に以下のようなメリットがあるからです。その主なメリットとしては、以下のような点が挙げられるでしょう。

初期投資を抑えられる

駐輪場経営は、使っていない土地を整地して、アスファルトを敷き、駐輪用の設備と料金精算システムを設置するだけで始めることができます。

そのため、土地活用法の中でも手軽に始められる事業のひとつと言えるでしょう。

短期間で始められる

土地活用事業は、準備期間が長引くほど、資金が必要になります。準備期間中は、借り入れた事業用資金の返済などの出費が発生しても、収入は生まれません。そのため、土地オーナー様は準備期間中、預貯金を取り崩さざるを得なくなる可能性もでてきます。

しかし、駐輪場経営であれば短期間で事業を開始できますし、専門業者の力を借りれば最短2週間で始められるケースもあります。

小さい土地や変形地でも経営できる

自動車の出入りが難しいような小さな土地、変形地であっても、駐輪場であれば経営できることがあります。柔軟に土地活用ができるという点は大きなメリットと言えるでしょう。

駐輪場経営で気を付けたいこと(デメリット)

駐輪場経営で気を付けたいこと(デメリット)

駐輪場経営において土地オーナー様が気を付けなければならないポイントとしては、以下のような点が挙げられるでしょう。

高利回りは期待できない

駐輪場の利用料は、賃貸マンション・アパートの家賃は言うに及ばず、駐車場の利用料と比べても低額です。確かに自転車なら狭い土地でも多くの台数を置くことができますが、それでも収益性はそれほど高まりません。

駐輪場経営に乗り出そうと考えている土地オーナー様は、「遊休地を放置するよりは良い」といった気持ちで臨む必要があります。

節税効果はない

駐輪場経営の場合、固定資産税の軽減措置を受けることができません。住宅用地の固定資産税は、更地の6分の1にまで減額されますが、駐輪場は住宅用地とみなされず、固定資産税の軽減はありません。

立地(駅からの距離)

駐輪場のニーズ調査は、駐輪場運営会社に委託するのが一般的ですが、調査で良い数字が出てもその通りになるとは限りません。

「都市部の主要駅」は駐輪場ニーズも高いことが見込めますが、「郊外」では駐輪場ニーズが満たされている場所もあり、いくら事業努力を重ねても利用者を劇的に増やすことは難しいことが考えられます。そのため、駐輪場経営を検討する際には、最初にエリアの特性を把握しておく必要があります。

自転車やバイクの多いエリアか

そのエリアに住む人や通勤・通学する人が、どれくらい自転車やバイクを利用しているのかを知る必要があります。いくら立地が良くても自転車やバイクを利用する人が少ないということも考えられます。

駐輪場経営の運営方式

駐輪場経営の運営方式

土地オーナー様による駐輪場経営には、「自己経営」「一括借上げ」「管理委託」といった形態があります。それぞれの運営方式について詳しくみていきましょう。

自己経営

自己経営は、土地オーナー様自身が土地の整地から、駐輪場設備の設営、管理、運営、代金回収まですべてを行なう運営方式です。

駐輪場経営は、難しい経営スキルが要らないとは言え、利用者管理や利用者募集、代金回収、クレーム対応、事故対応、清掃といった手間がかかるので、ビジネスパーソンが副業として駐輪場経営をする場合、自己経営は適さないでしょう。

一括借上げ

一括借上げは、土地オーナー様が駐輪場運営業者に土地を貸すだけで済ませられる運営方式です。最も手間がかからない駐輪場経営の形態と言えるでしょう。

駐輪場の設営から管理、運営、代金回収まで、すべて駐輪場運営会社が行ないます。

土地オーナー様は貸した土地の賃料を受け取ることになり、土地オーナー様の収入は一定額になります。利用率が上昇しても収入が増えない代わりに、利用率が低下しても収入は減りません。

管理委託

管理委託は、土地オーナー様が駐輪場を設営して自身で経営しつつ、管理と運営を駐輪場運営会社に委託する運営方法です。

駐輪場の清掃、機器の保守、代金回収を駐輪場運営会社が行ない、代金は原則、全額土地オーナー様に入ります。そして、土地オーナー様は収入の中から管理委託費を駐輪場運営会社に支払うという流れです。

基本的に管理委託費は一定額ですが、土地オーナー様の収入は、利用率が上昇すると増え、利用率が低下すると減ることになります。

駐輪場に向いている土地(条件)

駐輪場に向いている土地(条件)

以下のような条件を満たしている土地は、駐輪場に向いていると言えるでしょう。

主要駅に近い土地

主要駅に近い土地は多くの利用者を見込めるため、駐輪場に適した土地と言えるでしょう。また、繁華街のデパートなど大型商業施設が建ち並ぶ場所も駐輪場を必要としています。企業が入居するオフィスビルの周囲も、駐輪場ができることで自転車利用が促進されるかもしれません。

観光地も、無秩序な駐輪が問題になりやすいため、駐輪場ニーズが高いと言えるでしょう。

狭小地や変形地(他に活用が難しい土地)

狭い土地や形の悪い土地も、駐輪場経営に向いている土地と言えるでしょう。賃貸住宅にも駐車場にも適さない土地であっても、駐輪場であればお金を生み出すことができるかもしれません。

駐輪場に向いていない土地(条件)

駐輪場に向いていない土地(条件)

一方、以下のような土地は駐輪場に向いていないでしょう。

自転車が大量に停められない場所

ある程度の台数が停められる広さがなければ、駐輪場ニーズはあったとしても収入は低くなってしまいますので経営としては向いていないでしょう。

ショッピングモールの近く

ショッピングモールには自転車で訪れる人も多いのですが、ショッピングモール側で十分な駐輪スペースを用意するケースが多いため、駐輪場ニーズは低い傾向にあります。

このように、駐輪場経営にも向き不向きがありますので、駐輪場経営を検討する際には市場調査や土地調査が欠かせないでしょう。

駐輪場経営を開始するまでの流れ

駐輪場経営を開始するまでの流れ

駐輪場経営を開始するまでのスケジュールをみていきましょう。主な流れとしては、以下のようになります。

業者選び/相談

自己経営方式を採用する土地オーナー様以外は、駐輪場運営会社に連絡することから始めます。

土地オーナー様は、駐輪場運営会社から、どのようなサポートが受けられるのか、一括借上げ方式と管理委託方式ではどちらのほうがメリットは大きいのか、収支はどれくらい見込めるのかなどを尋ねます。

複数の駐輪場運営会社に相談し、それぞれの強みを把握した上で、会社を選んでいきましょう。

立地条件の確認

駐輪場運営会社の選定が決まったら、土地オーナー様が所有している土地の駐輪場ニーズの調査に入ります。駐輪場ニーズがあり十分経営が成り立つと判断できたら、工事会社が土地を整地してアスファルトを敷き、駐輪場の機器を設置します。

駐輪場運営会社を選定すれば、最短で2週間ほどで経営をスタートできるでしょう。

賃貸マンション経営・アパート経営の
選択肢も視野に入れよう

賃貸マンション経営・アパート経営の選択肢も視野に入れよう

駐輪場経営に興味を持っているからと言って、初めから賃貸マンション経営・アパート経営の選択肢を消してしまうべきではないでしょう。

賃貸マンション経営・アパート経営は、駐輪場経営のように低予算で始められる事業ではありませんが、収益性の高さは駐輪場とは比較になりません。

これまで土地を放棄していて、土地を使った事業の経験がない土地オーナー様の場合、いきなり賃貸マンション経営・アパート経営に乗り出すのはハードルが高く感じられるでしょう。

そのような理由から、リスクが少ない駐輪場経営に乗り出すというケースも少なくありませんが、場合によっては「駐車場経営のほうが向いている土地」である可能性もある訳です。

駐輪場関連の設備は撤収も簡単なので、駐輪場から駐車場へと変更することも難しくはありませんが、やはり低額とは言え撤去費用が発生してしまうのはデメリットと言わざるを得ません。

したがって、土地オーナー様は駐輪場経営に乗り出す前に、一度、土地活用の専門会社に相談し、「最適な土地活用の方法は何か」を明らかにすることが大切と言えるでしょう。

まとめ
自分の土地を駐輪場にしようと思ったらプロに相談を

まとめ 自分の土地を駐輪場にしようと思ったらプロに相談を

駐輪場の経営は比較的簡単に始めることができるなど、様々なメリットがありますが、デメリットも存在するため、それらを把握した上で検討していくことが大切です。

東建コーポレーションでは、蓄積されたノウハウから「土地」と「事業」の相性を診断させて頂きます。

オーナー様のご希望や土地の状態に応じた土地活用法を提案させて頂きますので、駐輪場の経営をご検討中の土地オーナー様は、ぜひ土地活用の東建コーポレーションにご相談下さい。

※この記事は、2019年10月時点の情報に基づいて作成されています。

監修者プロフィール
逆瀬川 勇造  さかせがわ ゆうぞう
地方銀行にてリテール業務に従事後、不動産部門のある注文住宅会社にて新築住宅、不動産売買業務に携わる。 金融知識を活かした住宅ローン提案、綿密なヒアリングからのライフプランニング、税金や相続のアドバイスから税理士への橋渡しなど、新築住宅、不動産売買にまつわる金銭問題の解決を得意とする。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業
土地活用
建築商品一覧
東建の高耐震技術
お部屋探し
求人・採用情報
最新のパブリ情報
企業情報
IR情報
The President