土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

土地活用の東建コーポレーション

資料請求 ご相談 支店検索

土地活用が分かる、土地活用の図書館。

土地活用ライブラリー

公開日:

70坪の土地を有効に土地活用する方法

  • 文字サイズ
70坪の土地を有効に土地活用する方法

土地活用には様々な方法がありますが、土地がある場所や、土地の形、周辺の経済状況などによって、最適な土地活用法も変わってきます。また、土地の面積によっても、最適な土地活用法は大きく異なるのです。

では、70坪(約230平方メートル)の土地を活用する場合、主な土地活用法としてはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、70坪の土地を有効に活用する方法について詳しくご紹介していきます。

70坪の土地を土地活用するメリット

70坪の土地を土地活用するメリット

まずは、70坪の土地にはどのような特徴があるのか、そして土地活用するメリットは何かを詳しくみていきましょう。

選択肢が多い

70坪は約230㎡(平方メートル)なので、正方形であれば大体15m×15mとなります。これだけの広さがあれば、大規模施設経営を除く大半の土地活用法を行なうことができるでしょう。多くの選択肢があれば、ベストの選択をすることができるでしょう。

地域貢献も可能

次に、70坪の土地がある地域の特性を加味して考えてみましょう。人口が集中している都市部の70坪であれば、収益を重視した土地活用が有効と言えます。都市部の70坪の空き地は地元経済界も注目しているため、その土地を有効活用すれば地域経済に貢献することができるからです。

また、近くに住宅街がある幹線道路沿いの70坪の土地であれば、小売店や飲食店などの商業系の事業が望まれるかもしれません。

70坪の土地に有効な土地活用法

70坪の土地に有効な土地活用法

70坪の土地ならではの土地活用法としては、次のような事業が挙げられるでしょう。

  • ①賃貸マンション経営・アパート経営
  • ⑤太陽光発電経営
  • ②戸建賃貸経営
  • ⑥駐車場経営
  • ③貸店舗経営
  • ⑦トランクルーム経営
  • ④借地事業
  • ⑧コインランドリー経営
  • ①賃貸マンション経営・アパート経営
  • ⑤太陽光発電経営
  • ②戸建賃貸経営
  • ⑥駐車場経営
  • ③貸店舗経営
  • ⑦トランクルーム経営
  • ④借地事業
  • ⑧コインランドリー経営

それぞれのメリット・デメリットを詳しくご紹介していきます。

① 賃貸マンション経営・アパート経営のメリット・デメリット

都心部にある70坪の土地であれば、高品質の賃貸マンション・アパートが適しているかもしれません。また、近くに大学がある70坪の土地であれば、学生たちが仕送りやバイト代で住むことができるリーズナブルな単身者向けアパートなどが適しているでしょう。

メリット
賃貸マンション・アパートを建てるメリットとしては、利回りの高さが挙げられます。また、相続税の節税効果が高いという点も、賃貸マンション経営・アパート経営の大きなメリットと言えるでしょう。
デメリット
一方、賃貸マンション経営・アパート経営のデメリットとしては、初期投資がかかってしまうという点が挙げられます。また、完成後の管理も、駐車場やトランクルームなどに比べ手間がかかるでしょう。
賃貸マンションの場合、70坪では多くの戸数を確保することが難しくなります。そのため、高額家賃を設定できる場所でなければ計画通りの収益を上げられないかもしれません。ただし、事前に市場調査をしておけば採算性も見えてくるため、初めから賃貸マンション経営を選択肢から外してしまわずに、まずは市場調査を行なったほうが良いでしょう。

② 戸建賃貸経営のメリット・デメリット

戸建賃貸経営について考えてみましょう。

メリット
70坪の土地で戸建賃貸を経営するメリットは、立派な家を建てられるという点です。2世帯住宅や軽量鉄骨造りの3階建て住宅を建てることもできます。
立派な戸建賃貸を建てれば家賃を高く設定できるため、収益性も高まるでしょう。また、賃貸マンション・アパートよりも管理の手間が少ないという点も戸建賃貸のメリットのひとつです。
デメリット
一方で、家賃が高い戸建賃貸は借り手を富裕層に限定してしまうという点はデメリットと言えます。また、地元の富裕層は自身で家を建てることも多いため、豪華な戸建賃貸を借りるというケースは少ないかもしれません。
そのため、大企業の管理職クラスの転勤族などが家賃の高い戸建賃貸の借主になることが想定されます。首都圏や大阪圏、名古屋圏であればそのような借主も多くいますが、地方都市ではそれほど多くないため、借主を探すのに苦労する可能性もあるでしょう。

③ 貸店舗経営のメリット・デメリット

70坪あれば、小規模店舗が複数入居できる貸店舗を建てることも可能です。

ワンショップ
メリット
小規模貸店舗には、居酒屋やカフェ、雑貨店などが入ることになります。都市部の人通りが多い道路沿いの小規模貸店舗であれば、賃料も高く設定できるでしょう。これは土地オーナー様にとって大きなメリットと言えます。
デメリット
ただし、小規模貸店舗経営のデメリットとしては、どの70坪の土地でも実施できる訳ではないことが挙げられます。人通りの少ない場所では、店舗の借り手を見つけることに苦労する可能性も否めません。

④ 借地事業のメリット・デメリット

70坪の土地であれば、借地として貸し出す方法も有効です。

メリット
70坪は使い出があるため、借主を募集すれば複数の企業が手を上げるかもしれません。
デメリット
ただし、借地事業のデメリットとして収益性の低さが挙げられます。借地事業では土地を貸すだけなので、借主がいくらその土地で収益を上げても、土地オーナー様が手にする地代は一定なのです。
また、土地を貸すと数十年は取り戻すことができなくなります。その間、土地オーナー様が「自分の土地で賃貸マンション経営・アパート経営をしたい」と思い立っても、実行することはできません。
先ほど、「賃貸マンション経営・アパート経営には相続税の節税効果がある」とご紹介しましたが、土地を取り戻せなければそれも行なえないということです。

⑤ 太陽光発電経営のメリット・デメリット

70坪の土地が郊外や過疎地にあり、商業施設や賃貸マンション経営・アパート経営が困難な場合には、太陽光発電経営に乗り出してみてはいかがでしょうか。

メリット
太陽光発電は、人が住んでいないような立地でも始められます。これは大きなメリットでしょう。また、地球環境の改善に貢献でき、とても意義ある事業と言えます。
デメリット
ただし、太陽光発電事業には、普及が進み買取価格が下がっている、というデメリットがあります。また、発電量が天候や季節に左右されてしまいます。

⑥ 駐車場経営のメリット・デメリット

70坪の土地であれば、10台ほど停められる駐車場をつくることができます。

メリット
駐車場経営のメリットとしては、事業の始めやすさが挙げられるでしょう。地方の月極め駐車場であれば、アスファルトすら敷いていないところもあります。整地して囲いをすれば、すぐに駐車場経営を始めることが可能です。
コインパーキングの場合、アスファルトの敷設や精算機やゲートなどの設置が必要ですが、それでも賃貸マンション経営・アパート経営よりは初期投資を抑えることができます。
デメリット
一方、駐車場経営のデメリットとしては、収益性の低さが挙げられるでしょう。賃貸マンション・アパートの需要が高い70坪の土地で駐車場経営を始めてしまうと、周囲の賃貸マンション・アパートの収益性の高さを知ったとき、後悔してしまうかもしれません。

⑦ トランクルーム経営のメリット・デメリット

トランクルーム経営のメリット・デメリットをみてみましょう。

ホームメイトトランクボックス
メリット
70坪の土地でトランクルームを経営するメリットとしては、大規模な建物を建てられることが挙げられるでしょう。トランクルームの管理コストは、10ルームでも20ルームでもあまり変わりません。そのため、トランクルームは規模を大きくすると収益性が急上昇します。
また、トランクルームの建物は賃貸マンション・アパートのように立派ではなくても良いため、その分初期投資を抑えることが可能です。
デメリット
一方、トランクルーム経営のデメリットとしては、不向きな土地があるという点が挙げられます。トランクルームの主な利用者は、自宅に十分な収納スペースがない賃貸マンション・アパートの住人や、オフィスに十分な収納スペースがない企業です。
そのため、周辺に賃貸マンション・アパートやテナントビルが多く建っている土地でなければ、トランクルームの借り手を見つけるのに苦労するかもしれません。また、ライバルが現れやすいという点もデメリットのひとつでしょう。

⑧ コインランドリー経営のメリット・デメリット

コインランドリーによる70坪の土地活用を考えてみます。

メリット
コインランドリー経営のメリットとしては、簡易な建物を建て、そこに洗濯機、乾燥機、精算機などを設置するだけで始められる「手軽さ」が挙げられるでしょう。
また、コインランドリー業界はフランチャイズ化が進んでいるため、商売を始めるのが初めてという土地オーナー様でも取り組みやすいという特徴もあります。
デメリット
一方、コインランドリーのデメリットとしては、ライバルが多いことが挙げられるでしょう。コインランドリーを使う人は、新しい店舗の新しい洗濯機を使いたがるため、近所にライバル店ができると客を奪われてしまう可能性があります。

70坪の土地の売却はデメリットが多い

70坪の土地の売却はデメリットが多い

土地オーナー様は、70坪の土地を自身で活用したほうが良いのでしょうか、それとも、売却してしまったほうが良いのでしょうか。

もし、急いで現金化する必要がないのであれば、まずは土地活用を検討していくことをおすすめします。

70坪の土地を売却してしまうのは、デメリットが多いと言えるでしょう。売却してしまったら、もう二度と土地活用ができなくなるからです。

土地活用の経験がないと「土地を使った事業を軌道に乗せる自信がない」と思われるかもしれません。また、土地活用に自信がないと「土地を放置して固定資産税を払い続けるくらいなら、売ってしまったほうが良い」とお考えになる土地オーナー様もいらっしゃるかと思います。

しかし、土地活用の専門会社のアドバイスを受けながら始めれば、初めて土地活用をする土地オーナー様も安心して事業に着手することができるでしょう。土地活用のあとでも土地を売却できますが、土地を売却したあとに土地活用することはできませんので、まずは土地活用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ 
有効に土地活用したいならプロに相談しませんか

まとめ 有効に土地活用したいならプロに相談しませんか

今回は、70坪の土地を有効に土地活用する方法についてご紹介しました。70坪の土地には多くの可能性が秘められています。

例えば、土地オーナー様が70坪の土地にクリニックの建物を建て、それを、独立開業を目指す医師に貸す、という土地活用法もあります。70坪あれば複数台分の駐車スペースを取ることができますから、まさにクリニックにぴったりでしょう。

土地活用のパイオニアである東建コーポレーションでは、これまで様々な土地オーナー様の土地活用をサポートさせて頂きました。その経験によって蓄積されたノウハウを最大限活用し、土地オーナー様のご希望をお聞きした上で最適なプランをご提案させて頂きますので、70坪の土地の活用法にお困りの際はぜひ土地活用の東建コーポレーションにご相談下さい。

※この記事は、201911月時点の情報に基づいて作成されています。

逆瀬川 勇造  
さかせがわ ゆうぞう
地方銀行にてリテール業務に従事後、不動産部門のある注文住宅会社にて新築住宅、不動産売買業務に携わる。 金融知識を活かした住宅ローン提案、綿密なヒアリングからのライフプランニング、税金や相続のアドバイスから税理士への橋渡しなど、新築住宅、不動産売買にまつわる金銭問題の解決を得意とする。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業
土地活用
建築商品一覧
東建の高耐震技術
お部屋探し
求人・採用情報
最新のパブリ情報
企業情報
IR情報
The President