記事

  • 文字サイズ

【vol.49】「不動産の日」消費者アンケート結果発表、回答からわかることは?

2018年11月14日

全国宅地建物取引業協会連合会と全国賃貸不動産管理業協会は2018年1月、「2017年不動産の日アンケート」の結果を発表しました。

両会は毎年9月23日を不動産の日と定め、住宅の居住志向及び購買等に関する意識調査を実施しています。

今回は一般消費者から1万4331件の有効回答が寄せられたようです。

アンケート項目の内容は大きく分けると住まいに関する質問不動産店に関する質問となっています。

それでは、アパート・賃貸マンション経営をしていく上で重要と思われる主な質問に対する回答結果をご紹介します。

「住まいに関する質問」

不動産は買い時ですか?という質問では、「買い時だと思う」19.9%、「買い時だと思わない」24.7%、「分からない」55.4%と、「分からない」が最も高く、「買い時だと思う」は、全体の約2割にとどまりました。

2016年と比較すると、「買い時だと思う」が5.0%下降しており「買い時だと思わない」が2.4%上昇しています。どの年齢世代でも「買い時だと思う」が下降しており、全体的に「買い時感」が減退していると言えます。

理由としては「自分の収入が不安定または減少しているから」が38.6%と最も多く、消費者が収入に対する不安を抱いていることがわかりました。

不動産イメージ

次に住まいに対する満足度は何点ですか?という質問に対して、現在持家に住んでいる方の平均得点は73.0点、賃貸では65.2点となりました。持家に住んでいる方のほうが住まいに対しての満足度が高いといえます。

また、現在の居住形態に関わらず、持家派か?賃貸派か?という質問では、持家派が84.9%と回答者全体の8割以上を占めており、賃貸派は15.1%となりました。

また、持家派の理由としては「家賃を支払い続けることが無駄に思えるから」が63.1%と最も多く、賃貸派の理由では「住宅ローンに縛られたくないから」が59.0%、次いで「仕事等の都合で引越しする可能性があるから」「家族構成の変化で引越しする可能性があるから」が30%台と続いていました。

2017年度 賃貸派の理由※複数回答

2017年度 不動産店を選ぶポイント
  • ① 住宅ローンに縛られたくない
    から
  • ③ 家族構成の変化で引越しする
    可能性があるから
  • ⑤ 相続する予定の家があるため
  • ② 仕事(転勤・転職・退職など)の
    都合で引越しする可能性があるから
  • ④ 税金が大変だから
  • ⑥ その他

アパート・賃貸マンション経営で最も気になる住宅を購入・借りる際に重視するポイントはなんですか?という質問については、購入の場合、「周辺・生活環境が良い」「交通の利便性が良い」が55%以上でした。

賃貸時に重視する点については、「賃料」が80%となっており、賃貸の方が経済面をより重視している傾向にある一方、賃貸でも周辺環境や利便性重視の回答は47%を占めており、「購入」「賃貸」のどちらにおいても、周辺の生活環境や交通の利便性が非常に重視されていることが分かります。

2017年度 住宅を借りる際に重視するポイント※複数回答

2017年度 住宅を借りる際に重視するポイント
  • ① 賃料
  • ③ 周辺・生活環境が良い
  • ⑤ 日当たり・住宅の向き
  • ⑦ セキュリティーシステムの完備
  • ⑨ 宅建業者(不動産会社)
    ・管理課医者などのサービス
  • ⑪ IT関連の付帯設備の充実
  • ② 交通の利便性が良い
  • ④ 間取り数・間取りプラン
  • ⑥ 築年数が浅い
  • ⑧ 住宅の構造が良い(耐震・免震
    ・断熱・バリアフリーなど)
  • ⑩ 住み慣れているところだから
  • ⑫ その他

「不動産店に関する質問」

家の売買や、部屋の賃貸をする場合、宅建業者(不動産会社)に対して、最も期待することはなんですか?についての回答は、「接客応対や説明が丁寧にしてもらえること」が37.7%、「契約成立に向けた巧みな交渉」が25.0%、「住宅売買・購入時の的確なアドバイス」が20.0%となっています。

興味深いのは、「接客応対や説明を丁寧にしてもらえること」を最も強く望んでいる世代が20代だということです。つまり、若者だからといって、軽率な対応をしていては、せっかくの顧客を逃がしてしまう、ということでしょうか。

また、不動産店を選ぶポイントはなんですか?に対する回答でも、「店舗の雰囲気が良い」「ネット情報や口コミ等で評判が良い」がともに50%を超える結果となりました。次いで「ホームページが充実している」が37.2%となっていることを考慮しても、「雰囲気の良い店舗で丁寧に接客する」という当たり前のことが、いかに重要かということがよく分かります。

2017年度 不動産店を選ぶポイント※複数回答

2017年度 不動産店を選ぶポイント
  • ① 店舗の雰囲気が良い
  • ③ ホームページが充実している
  • ⑤ 友人・知人等による紹介
  • ⑦ その他
  • ② ネット情報や口コミ等で評判が良い
  • ④ 自宅から近い
  • ⑥ CMや広告等でよく目にする
  • ⑧ 特にない

最後に、「不動産店に対して持っているイメージ」の項目を見てみると、「よい」が65.0%、「わるい」が35.0%となっています。「よい」の理由としては、「対応のよさ」「専門知識」「アフターケア」など実際の応対が評価されています。

それに対して、「わるい」の理由では、実際の応対だけでなく、テレビ・ニュースからの情報によって、悪い印象を形成されているという事実も浮かび上がってきます。

2018年度もアンケートを実施していますので(2018年11月30日迄)、気になる方は一度、Webで公開されている「2018年不動産の日アンケート」に目を通してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ