土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

2019年10月1日より消費税が10%に増税!賃貸経営を始めるなら、今?

2019年10月1日より、消費税率が8%から10%に引き上げられることになりました。

賃貸住宅は高額商品であるため、2%の税率の違いは建築費用に大きなインパクトを与えます。

賃貸経営を始めるなら、いつが良いのでしょうか?

消費税の増税に関する特例とは?

通常、2019年10月1日よりも前に建物の引渡しを受ければ、消費税率は8%が適用されます。

そして、建物の引渡しが、2019年10月1日以降であれば消費税は10%となります。

しかし、賃貸住宅の建築などでは、増税による混乱を避け、税制改正を円滑に行なえるよう、「経過措置」という特例が設けられています。

これは、消費税増税の6ヵ月前である2019年3月31日までに工事請負契約を締結すれば、建物の引渡しが、2019年10月1日以降であっても、消費税率8%が適用されるものです。

この経過措置は、賃貸住宅関連であればリフォームや修繕にも適用されます。多額の費用がかかる大規模修繕工事などは、前倒しでの実施を検討しても良いかもしれません。

消費税増税に関する特例

消費税8%でアパート経営を始めるポイント

  • ① 2019年3月31日までの工事請負契約の締結
  • ② 2019年4月1日以降の工事請負契約でも、2019年9月30日までに完工引渡し
アパート経営を考える人々

消費税の増税前と増税後の影響は?

賃貸住宅は高額商品であるため、2%の税率の違いで大きな影響がでます。

例えば、1億5,000万円(税別)の賃貸マンションを金融機関から金利1.5%、借入期間30年で金額融資を受けて建築した場合、消費税増税が工事請負金額、融資総返済額に与える影響は下記のようになります。

  

工事請負金額(消費税含む)

工事請負金額

融資総返済額

融資総返済額
※融資額(工事請負金額)と利息の合計

建物の建築費用以外に対する増税の影響は?

消費税の増税が賃貸経営に与える影響は、賃貸住宅の建築費用だけではありません。

消費税は商品やサービスなどのあらゆる取引にかかるので、消費税改正後には工事請負金額や、融資総返済額以外にも10%の税率がかかります。

例)賃貸住宅の建築費用以外にもかかる増税※下記は一例です

ローン手数料
ローン手数料
仲介手数料
仲介手数料
登記手数料
登記手数料
火災保険料
火災保険料
修繕費用
修繕費用
メンテナンス費用
メンテナンス費用
ローン手数料
ローン手数料
仲介手数料
仲介手数料
登記手数料
登記手数料
火災保険料
火災保険料
修繕費用
修繕費用
メンテナンス費用
メンテナンス費用

ただし、消費税の増税前に準備しておくことで、消費税率8%で対応できるものもありますが、賃貸住宅の引渡し後に発生する費用もあります。

引渡し後に発生する費用は、増税後の消費税率10%になっていますので、注意が必要です。

早めの計画で賢く土地活用を

賃貸住宅建築においては、多額の費用がかかるため、消費税の増税による影響が大きくなります。

そのため、いつかは賃貸経営を始めようと思っている方なら、消費税の増税前の今がひとつのタイミングと言えるでしょう。

しかし、契約までには、収支計画や、配置計画等、決めなければならないことが数多くあるので、早めに建築会社に相談し、建築計画や契約のタイミングなどを決めておくと良いでしょう。

早めの計画で土地活用を

消費税増税に対する関連記事はこちら

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に、賃貸マンション・アパートを中心した最適な土地活用をご提案しております。2019年10月1日より10%になる消費税。しかし、2019年3月31日までに工事請負契約を締結すれば、建物の引渡しが2019年10月1日以降であっても、消費税率8%が適用される「経過措置」があります。これは、賃貸住宅の建築など、増税による混乱を避けるために取られた措置です。また、建築費用以外にも、手数料や保険料も増税の影響を受けるため、決めなければならないことの多い賃貸経営の場合、早めに建築計画や契約のタイミングなどを決めておくと良いでしょう。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業