マイホーム賃貸はじめませんか?


確定申告と節税対策

マイホーム賃貸をすることで確定申告が必要になる場合があります。また青色申告によって節税効果を得られる場合もあります。

  • 確定申告受付 イメ−ジ
  • 確定申告を行なう
    マイホームを貸して、年額20万円を超える所得がある場合は、確定申告をしなければなりません。税金を余計に取られないように、経費を漏れなく申告することが大切です。
    確定申告を行なう イメージ
  • 青色申告を行なう
    青色申告を行なうことで、賃貸の所得から10万円を控除できますので、通常の確定申告よりも納税額を抑えることができます。
    青色申告を行なう イメージ
  • 青色申告の届出時期
    青色申告の届出は、1月15日以前に賃貸を始めたのであれば、3月15日までです。
    同じ年の1月15日以降に賃貸を始めたのであれば、賃貸開始から2ヵ月以内に、納税地の税務署へ「青色申告承認申込書」を提出しなければなりません。
  • 赤字損失の繰越控除
    賃貸前のリフォーム費用や入居者募集の広告料などは、必要経費として認められ、家賃収入から控除できます。赤字となった場合は、3年間損失として繰り越すことができます。
    赤字損失の繰越控除 イメージ
  • 住宅ローン控除について
    住宅ローンが残っていて、マイホームを賃貸すると、賃貸中は住宅ローン減税を受けることができません。
    ただし、賃貸借が終了し、減税の期間が残っていれば、再度適用を申請することができます。

注目ワード