土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

人生100年時代の土地活用老後資金のための
賃貸経営

平均寿命80歳越え!
「人生100年時代」の到来

「長寿大国」と呼ばれる日本。厚生労働省の発表によれば、2018年の日本人の平均寿命は
男性が81.25歳、女性が87.32歳で、いずれも過去最高を更新し続けています。
平均寿命は今後さらに延びる可能性があるとも言われており、日本人の長寿化の進行に伴い、「人生100年時代」の到来が現実味を帯びてきました。

平均寿命と健康寿命の推移
  • 男性の平均寿命と健康寿命の推移
  • 女性の平均寿命と健康寿命の推移

資料:平均寿命:平成13・16・19・25・28年は、厚生労働省「簡易生命表」、平成22年は「完全生命表」

健康寿命:平成13・16・19・22年は、厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」、平成25・28年は「第11回健康日本21(第二次)推進専門委員会資料」

※健康寿命とは、「健康上の問題で日常生活場制限されることなく生活できる期間」と定義されているため、
平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「健康ではない期間」を意味します。

いつまでも健康で長生きしたいと思う反面、老後の生活のことを考えて不安に思う方も多いのではないでしょうか。高齢で働けなくなったとき、介護が必要になったときを考えると、果たして老後の蓄えは足りているのか?今一度、ご自身のライフプランを見直してみる必要があるかもしれません。

老後資金2,000万円不足!? 老後不安を加速させるお金の問題

令和元年6月、金融庁から発表された報告書に「老後30年間で約2,000万円の金融資産が必要になる」と記載されていたことが大きな話題になりました。のちにこの報告書の内容は撤回が決まりましたが、いずれにせよ少子高齢化問題の深刻化、将来の年金 や医療費・介護費などの負担増の懸念は続いています。

生命保険文化センターが調査したデータによれば、ゆとりある老後のために必要な月々の生活費の平均は、一世帯につき約35万円とされています。
一方、厚労省の発表によれば、平成29年度の厚生年金+国民年金の平均支給額は一世帯(夫婦)につき約22万円/月となっています。
このデータから見ても、年金だけでは豊かな老後を送ることは難しく、貯金を切り崩さなければ生活していけないかもしれない、と言う不安を感じずにはいられません。

年金だけでは生活は成り立たず自助努力による老後資金対策が必要
年金だけでは生活は成り立たず
自助努力による老後資金対策が必要
  1. ※1:生活保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年 出典
  2. ※2:厚生労働省「平成29年度の年金額改定」/平成29年 出典

定年を迎えたら、あとは国から支給される公的年金だけでのんびりと過ごす…と言うことはほぼ不可能という現状です。ゆとりある老後生活を実現するために、これからは自助努力による老後資金対策が必要になることは間違いないでしょう。

賃貸マンションやアパートなどの賃貸住宅経営による安定収入で資産形成

豊かな老後を過ごすためには、確実な資産形成を行なうことが重要です。株式投資やFX等、様々な資産運用の方法がありますが、ご所有地やご自宅の活用を考えているなら「賃貸マンション経営・アパート経営」がおすすめです。ご所有地に賃貸物件を建ててオーナー様になることで、毎月の家賃収入で安定した財源を確保することが可能になります。

東建コーポレーションでは、ご自宅の建替えなどを含め、厳格な事業審査から耐震性・バリアフリーに配慮した住居の建築、入居仲介促進など、オーナー様の賃貸住宅経営をしっかりとサポートさせて頂きます。土地活用や賃貸住宅経営が初めてという方でも安心して始めることができるサブリース経営代行システムも整っています。

安定した収入 アパート経営で老後資金をサポートします!
  1. ※1:生活保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年 出典
  2. ※2:厚生労働省「平成29年度の年金額改定」/平成29年 出典

ゆとりある老後資金で生涯現役の人生を

人生100年時代を意欲的に生きるためには、生涯をかけて「社会とかかわっている」と言う実感を得られることや、生きがいを感じながら生活を続けることが大切と言われています。
賃貸住宅経営を始めれば、世の中に住宅を提供することで社会貢献・地域発展への貢献が可能となり、さらに賃貸オーナーというステータスを得ることができます。仲介業者とのやり取り等で人と会う機会も増え、「社会に参加している」と言う実感をより強く持てるようになるでしょう。

また、安定した収入を得られることで気持ちの余裕も生まれるはずです。収入は生活費だけでなく趣味や旅行など遊興費に充てることもでき、より豊かな老後生活を送ることができるでしょう。
賃貸オーナーになることは、生涯現役でいきいきとした豊かな老後を過ごすための理想的な選択肢のひとつと言えます。

賃貸住宅提供による社会貢献!

  • 地域発展への貢献地域発展への貢献
  • 賃貸オーナーの
    ステータス貸オーナーのステータス

ご所有地は賃貸住宅経営が可能か? まずは賃貸経営のプロにご相談を

賃貸住宅経営は、立地条件が成否を左右する最大のポイントとなります。まずは、ご所有地の立地条件について市場調査を行ない、賃貸需要に適した事業プランの立案とシミュレーションを行ないます。賃貸事業の可能性を調べることが賃貸住宅経営を始めるために必要な第一歩です。

土地活用の東建コーポレーションでは、賃貸マンション経営・アパート経営が成立する事業計画であるかどうか、土地活用のパイオニアとして長年の経験・ノウハウをもって「4つの適正審査制度」による事業審査を実施しています。

  1. Step1
    賃貸市場判定
    (供給エリア判定)
  2. Step2
    適正家賃査定
  3. Step3
    融資事前確認
  4. Step4
    事業計画審査

厳正な4つの審査を実施した上で
土地オーナー様と契約を締結

オーナー様の明るい老後設計のお手伝いができるよう、市場調査や最適なプランのご提案を無料で行なわせて頂きます。

お電話でのお問合せ0120-51-8200(フリーダイヤル)

[受付時間]平日:9~12時、13~17時  
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

賃貸マンション経営・アパート経営を始めるなら以下の記事もおすすめです!

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験と培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。
「老後資金のための賃貸経営」では、人生100年時代となった老後の資金問題を賃貸経営で対策するメリットを解説。ご所有地に賃貸物件を建てれば、毎月の家賃収入で安定した財源を確保することが可能です。老後の不安を賃貸経営という形で資産形成をしてはいかがでしょうか。東建コーポレーションでは、土地活用や賃貸経営が初めてでも安⼼して行なえるよう、しっかりとサポートさせて頂きます。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業