土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

4.使い込んだ財産も遺産分割の対象に

被相続人の財産が、相続人等により相続開始後に使い込まれてしまった場合に、遺産分割で生じる不公平を解消する制度です。

相続開始後の使い込みへの対処

改正法では、相続開始後に使い込まれた財産を遺産に組み戻すことで、遺産分割で生じる不公平を解消できるようになります。

遺産とみなされる使い込まれた財産の要件は、下記の通りです。

  • ① 処分された財産(使い込まれた財産)が、相続開始時に被相続人の遺産であったこと
  • ② 財産が処分されたこと(使い込まれたこと)
  • ③ 共同相続人全員が、処分された財産を遺産分割の対象に含めることに同意していること

なお、③について、財産を処分した(使い込んだ)のが共同相続人の一人であるときは、その使い込みをした共同相続人の同意は必要ありません。つまり、使い込みをした相続人が反対しようと、他の共同相続人全員が同意すればよいということになります。

[例]共同相続人A,B(ともに1/2ずつ相続)のうち、Bが相続開始後に1,000万円を使い込んだ場合(遺産総額2,000万円)

A:(現存する遺産1,000万円 + 使い込んだ分1,000万円)× 1/2 = 1,000万円

B:(現存する遺産1,000万円 + 使い込んだ分1,000万円)× 1/2
- 使い込んだ分1,000万円 = 0円

※使い込みと合計すると1,000万円

結局、使い込みが無かった場合の取り分と同じだけを取得することになるのです。

遺産使い込み

現行法との比較

現行法では、Bが使い込んだ1,000万円は遺産ではないとされるため、残りの遺産1,000万円を分割するという不公平な結果になります(Bは使い込み分と合わせて1,500万円を取得できる)。

AはBに対して不当利得返還請求を行ない、使い込んだ分を取り戻すことができますが、これは遺産分割とは別の手続きになるため負担が少なくありません。

また、Bがすでに財産を消費していたら取り戻すことができないこともあります。

いずれにしても、Aの負担が大きいことは確かです。

なお、現行法でも共同相続人全員の同意があれば、使い込まれた財産を遺産に組戻すことができますが、使い込みをした本人であるBの同意も必要なため、あまり現実的ではありませんでした。

現行法
現行法
改正法
改正法

生前に使い込んだ場合はどうなる?

前述の通り、法改正によって公平を実現しやすくなりますが、ひとつ問題があります。
組み戻すことができる財産は、相続時に被相続人の財産であった物に限られます。
つまり、相続開始後に使い込まれた財産に限られるのです。

被相続人の生前に使い込まれた財産については、改正法の適用はありません。
そのため、そのような財産については、別途訴訟を起こすなりして、回収しなくてはならないのです。

この制度は、2019年7月13日までに開始されることとなっています。

遺産使い込み

東建コーポレーションは、土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方にアパート経営・賃貸経営を中心とした最適な土地活用をご提案致します。
こちらのページは、相続法改正による「使い込んだ財産も遺産分割の対象に」です。現行法では、被相続人の財産を相続者が使い込んでしまうと、残った財産を共同相続人で分割するため、不公平が生じてしまうことも。しかし改正後は、相続開始後に使い込まれた財産を遺産に組み戻すことで、使い込んだ相続人が余分に遺産分割されないように変更。これにより、遺産分割で起きる不公平を解消できるようになります。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業