土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

7.被相続人を介護した親族の請求権創設

無償で被相続人の療養看護等を行なった親族(相続人を除く)が、相続人に対してその貢献を金銭で請求できる権利が創設されます。

介護貢献を相続人に請求できる

請求するには、下記2つの要件を満たす必要があります。

  • 無償で被相続人の療養看護等を行なったこと
  • 被相続人の親族(相続人を除く)であること

また、親族とは、下記の要件に該当する人を指します。

  • 被相続人の6親等内の血族
  • 被相続人の3親等以内の血族の配偶者等

このうち、相続人でない人(相続放棄者、廃除された者を除く)が対象です。典型的には、長男の嫁がこれにあたります。
例えば、長男の嫁が義父を介護しても、長男の嫁は義父の相続人にならないため、遺産をもらうことはできませんでした。

また、相続人が特別な貢献をすれば、寄与分と言って本来の法定相続分よりも多く遺産をもらえる可能性がありますが、長男の嫁は相続人でないので、寄与分もありませんでした。

ただし、あくまで療養看護等の貢献分を請求できるのみで、長男の嫁が相続人になるわけではありません。

現行制度との比較

現行法との比較

現行法では、相続人以外に寄与分はありません。

よって、前述の長男の嫁のケースだと、長男の嫁は全く遺産をもらえません(被相続人が遺言を書けば別)。

遺産分割協議の中で、長男の嫁の貢献を長男の相続分として考慮してもらえることもありますが、家族仲が悪いと期待できませんでした。
また、長男が先に死亡しているような場合、長男の嫁が金銭的に報われることは期待できません。

改正により、このような場合は、長男の嫁が相続人に直接請求できることになるので、介護等の貢献が報われ、不公平感の是正に役立つでしょう。

現行制度との比較

下記2つの要件を満たし、かつ無償で療養看護等を行なったことにより、被相続人の財産の維持、または増加について特別の寄与をしたことが必要となります。

  • 無償で被相続人の療養看護等を行なったこと
  • 被相続人の親族(相続人を除く)であること

つまり、当然行なうべき療養看護の域を超えた貢献が必要ということになります。
これは、現行の寄与分と同じ考え方です。

請求額がいくらになるかは単純に計算できないので、請求者と相続人の間で話がまとまらなければ家庭裁判所の審判によることとなります。
被相続人の死亡を知ったときから6ヵ月以内、死亡のときから1年以内に申し立てる必要があります。

この制度は、2019年7月13日までに開始されることとなっています。

現行制度との比較

東建コーポレーションは、土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方にアパート経営・賃貸経営を中心とした最適な土地活用をご提案致します。
こちらのページは、相続法改正による「被相続人を介護した親族の請求権創設」です。現行法では、無償で被相続人の療養看護等を行なった相続人を除く親族の場合、寄与分はありませんでした。しかし改正後には、療養看護等の貢献分を請求できることになります。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業