土地活用/賃貸マンション・アパート経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

都市部(市街地)の土地活用 都市部(市街地)の土地活用

狭小地、空家、自宅、事業承継等でお悩みの方へ

文字サイズ

都市部(市街地)に土地をお持ちの土地所有者様は、相続税対策のみならず、狭小地や空家、自宅、事業承継等、様々なお悩みを抱えておられます。土地は不動産であり、同じ物は2つとして存在しません。また、土地を所有するオーナー様の資産背景や、属性等もそれぞれ異なります。

土地活用の東建コーポレーションでは、長年培った土地活用ノウハウを活かし、一人ひとりの土地所有者様に最も適した土地活用方法を、お客様と一緒に考え、ご提案致します。

Contents -目次-

相続税対策をどうすれば良いか

相続税対策をどうすれば良いか

平成27年税制改正で、相続税の基礎控除の引き下げに合わせて、税率が上昇し、「相続税発生のリスク」と「相続税額上昇のリスク」という、2つのリスクが高まりました。
今までは相続税が掛からなかった方や少額で済んでいた方も、改めて注意が必要になり、「相続税対策」という言葉は、一般家庭にとっても無縁のことではなくなりました。
特に、都市部(市街地)においては地価も高く、自宅を所有しているだけでも、相続税がかかるケースもあるため、早めの相続税対策が必要になります。

相続税対策についてもっと詳しく相続税対策についてもっと詳しく相続税課税対象が相続発生数全体の4%から8%に増加!
相続税対策の効果を具体的に解説しています。

狭小地を有効活用したい

狭小地を有効活用したい
狭小地に最適

都市部(市街地)においては、相続や都市開発の過程で土地の面積が小さくなったり、いびつな形になったりするケースが多く存在します。
こうした土地であっても都市部(市街地)であれば、容積率が高く、賃貸需要が高いため、賃貸経営は成り立ちます。
例えば、30坪程度の狭小地であっても、賃貸住宅の1室あたりの居室面積を単身者用に小さくすることで、収益を上げることができます。

都市部(市街地)における賃貸住宅についてもっと詳しく都市部(市街地)における賃貸住宅について
もっと詳しく
都市部の狭小地に対応した、商品「都市型ワンルーム」。
機能性の高い間取りと高品質な住宅設備をかね備えた都市型賃貸マンションをご紹介しています。

空家や老朽建物を建替えたい

空家や老朽建物を建替えたい

相続した自宅を空家にしていたり、老朽化した建物等を所有している方の多くは、「建替えや有効活用しないといけないのは分かっていても…」とりあえずは税金の軽減措置が受けられているからと、結論を先延ばしにしているケースが多くあります。

しかし、2015年5月26日に施行された「空家等対策特別措置法」により、老朽空家は「特定空家等」に指定されるリスクが新たに発生し、「特定空家等」に指定された場合、固定資産税に対する住宅用地特例(固定資産税が6分の1)が解除されてしまうようになりました。また、行政による建物の解体などが行なわれるリスクもあり、空家や老朽化した建物等を所有される方にとっても、土地活用はすぐにでも検討しなければならない課題となっています。

特定空家とは?

行政措置によるリスク
住宅用地特例(固定資産税が6分の1)の解除
行政からの「命令」に違反すると、50万円以下の過料
立ち入り調査を拒絶、妨害すると20万円以下の過料
行政代執行(行政による建物の解体)費用の請求
その他のリスク
ゴミなどの不法投棄
不審者の無断住居・無断使用
建材の飛散などによる、近隣への損害賠償
維持・管理の手間や費用
空き家
建替えの事例を見る建替えの事例を見る老朽化した建物等を賃貸住宅に建て替えた事例をご紹介
しています。

自宅の固定資産税が高い

自宅の固定資産税が高い

「自宅の固定資産税が高い」「老朽化した実家をどうしようか」「住み心地の良い自宅に住みたい」等、自宅に関しても人それぞれお悩みがあるかと思います。
特に都市部(市街地)の土地は固定資産税が高く、その負担が大きいことから、自宅部分と賃貸住宅部分を併せ持つ建物「賃貸併用住宅」が高い注目を集めています。

「賃貸併用住宅」は、賃貸住宅部分から得られる家賃収入を、金融機関から借り受けた「自宅部分を含めた賃貸併用住宅全体の建築費」の返済に充てることができます。また、返済後に残った家賃収入は、「賃貸併用住宅」のオーナー様の手取り収入にすることができます。

賃貸併用住宅についてもっと詳しく賃貸併用住宅についてもっと詳しく賃貸併用住宅のご説明と、賃貸併用住宅として活用するノウハウをご紹介しています。

事業承継で困っている

事業承継で困っている

事業の後継者がおらず事業承継が難しい。かと言って自分一人では体力的に事業の継続が困難。
さらには、建物や設備の老朽化により、修繕費の負担が重いなど、事業経営者の方は様々な悩みを抱えています。こうした事業経営者の方の様々なお悩みに対して、弊社の提携税理士による相談を無料にて承っています。まずは専門家に相談し、対策を検討することが重要です。

税理士無料相談を随時受け付けております。税理士無料相談を随時受け付けております。全国の税理士が賃貸マンション経営・アパート経営をはじめ、
オーナー様の土地活用をしっかりとサポート致します。
お気軽にご相談下さい。

生産緑地の指定が解除される

生産緑地の指定が解除される

「生産緑地」の指定を受けた農地は、30年間の営農が義務付けられます。
そして、生産緑地の大半が1992年の生産緑地法改正時に設定されたものであり、2022年に30年間の適用期限を迎え、生産緑地の指定を解除することができるようになります。

2022年を迎えるにあたって、生産緑地の指定を解除しようとお考えの方と、そうでない方がいらっしゃることでしょう。まずは生産緑地解除についての正しい知識を身に付け、早めに今後の土地活用の方針を決定しておくことが大切です。

生産緑地についてもっと詳しく生産緑地についてもっと詳しく2022年、生産緑地の期限を迎えると、多くの宅地が供給され土地の価格暴落が懸念されます。その問題の解決策「生産緑地の解除方法」について解説しています。

安定した収入を得たい

安定した収入を得たい

少子高齢化が進行すると共に、定年年齢や年金支給年齢の引き上げが行なわれています。メディアなどでも多く取り上げられ、年金支給が将来的にどうなるのか不安に感じている人も多いでしょう。

老後を安心して過ごすには、老後に備えて金融資産を蓄えるだけでなく、安定した老後の収入源を確保しておく必要があります。ご所有地や自宅の活用を考えている方の中では、老後の安定収入確保を目的とした賃貸経営が今注目を集めています。

老後の安定収入についてもっと詳しく老後の安定収入についてもっと詳しく平均寿命80歳超えの長寿大国「日本」。ゆとりのある老後生活を実現するためには、自助努力による老後資金対策が必要です。
安定した資産形成を行なうための方法をご紹介しています。

お電話でのお問合せ0120-51-8200(フリーダイヤル)

[受付時間]平日:9~12時、13~17時  
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

東建コーポレーションは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験と培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。
「都市部(市街地)の土地活用」のページでは、相続税対策、狭小地の有効活用方法、空家や老朽化した建物の建替え、自宅の固定資産税対策、事業継承の不安、生産緑地の指定解除といった都市部(市街地)に土地を所有する方の様々な悩みを解決する土地活用方法を具体的にご紹介。都市部(市街地)の土地活用は、東建コーポレーションにお任せ下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業