土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    4件
  • 検索対象:
    宅建用語集
    検索カテゴリ:
    宅建業法
キーワード:
手付金等保全措置
  • 債務不履行

    (サイムフリコウ)

    「債務不履行」とは、債務者が正当な事由もなく契約の内容や法律の規定、取引の慣習、信義則などに対して当然に期待される履行をしないこと。「債務不履行」は3種類に分類される。ひとつは、履行が可能であるにもかかわらず履行期を過ぎてもしない「履行遅滞」。2つ目は、ある者が他の者に売った建物が契約後に滅失したときのように、債務の履行が不可能になる場合の「履行不能」。3つ目に、債務者により能動的に履行行為がなされたが、それが債務の完全な履行ではなく不完全な履行であったため、債権者に損害が生じた場合の「不完全履行」。このような「債務不履行」に対しては、民法により債権者が債務者に対して、損害賠償を請求することが可能とされている。

  • 指定保管期間

    (シテイホカンキカン)

    売主業者が、手付金等の保全措置により、手付金等の保管を依頼する機関のこと。

  • 返還債務

    (ヘンカンサイム)

    「返還債務」とは、一般的に一度受領した金銭を、再び全部または一部を返金すること。その例として、賃借人が賃貸人へ賃貸借契約の際に預け入れた「敷金」がある。この金銭は、賃借人が住居を退去するまでの間に、経年劣化以外の修繕箇所の費用に充当され、それを差し引いた金額が賃貸人に対する債務となり、契約条項に則って返金される。これは、あくまでも居住契約の満了日、つまり明け渡し以降に効力が発生するもので、「敷金」を退去月の最終賃料に充当する旨を申し出る居住人が稀に報告されるが、賃貸人はこれを許諾する必要は何ら発生しない。ただし、賃借人の家賃滞納に対して、賃貸人が充当を提案することは可能である。

  • 補填

    (ホテン)

    「補填」とは、足りない部分を他の物・事などで補うこと。例えば、不動産などでは、賃貸借契約で定められた家賃を期日までに支払うことができなかった場合、敷金や保証金で相殺するなど。特に、契約の際に賃貸人が支払う敷金や保証金には、賃貸人のリスク回避という意味合いが強いが、問題となるのは、居室の原状回復のための修繕費を不当に高く見積もり、敷金や保証金が返還されないケースや、「敷金で補填できない」と称して、賃借人に修繕費を不当に請求するなどのケース。なお、賃貸借契約では契約の終了時に金銭の清算を行なうため、賃貸人、もしくは賃借人のいずれが負担すべき補修費であるのかなど、トラブルになることもある。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(宅建用語集)のカテゴリ検索「宅建業法」キーワード「手付金等保全措置」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業