土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    3件
  • 検索対象:
    宅建用語集
    検索カテゴリ:
    宅建業法
キーワード:
監督処分と罰則
  • 親告罪

    (シンコクザイ)

    「親告罪」とは、告訴がないと公訴を提起できない犯罪のこと。性犯罪のように事実が公に知れ渡ることによって被害者に不利益が生まれてしまうおそれがある、もしくは過失傷害罪のように罪責が重くなく、当事者間だけでも解決ができる、親族間で発生したために公になりづらい、その他行政的な理由によって裁判にまで発展しないケースがある。行為は明確に罪だが、被害者が告訴しない限り公訴を提起できないものが「親告罪」にあたる。「親告罪」は、強制わいせつ罪や強姦罪、名誉毀損罪や侮辱罪、過失傷害、器物損壊罪、親族間の窃盗罪や恐喝罪、著作権法違反、税法違反など。ただし、強制わいせつ罪や強姦罪などは、2人以上の犯行、または致死傷の場合には「親告罪」にならないなど、各種例外がある。

  • 帳簿

    (チョウボ)

    「帳簿」とは、取引を記入するための帳面のこと。「帳簿」は、大きく分けると「主要簿」と「補助簿」の2種類。どのような企業であっても記録しているのが「主要簿」で、何らかの取引があると、必ず「主要簿」に記入する帳簿だ。「主要簿」によって試算表が作られて、さらに貸借対照表や損益計算書といった企業経営に不可欠な帳面が作成される。「補助簿」とは、必要に応じて記入される物で、「主要簿」を補助する役割を持つ。商法によって、商品は「商業帳簿」を作成しなければいけない。確定申告をする際には、帳面に記入されているデータを利用する。企業は法律によって定められている項目をきちんと含んだ帳面を作成しなければいけない。帳面の数字が事実と異なれば、会社の収益や課税額が誤ったものとなる。

  • 登録

    (トウロク)

    「登録」とは、宅地建物取引士資格試験の合格者が試験地の当道府県知事から「宅地建物取引士証」を交付してもらうこと。「登録」をしなければ宅地建物取引士として仕事をすることができない。申請の際には、住民票の添付が必要。もし宅地建物取引士証の有効期間が満了したら失効する。この場合はすみやかに返納しなければいけない。返納した段階で「登録」から外れることになるが、法定講習を受講すれば即日交付されるため、再び宅地建物取引士として「登録」できるようになる。建物の販売や交換、賃借などの取引の際には宅地建物取引士が事務を行なうことになるため、重大な責任を与えられた専門家と言える。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(宅建用語集)のカテゴリ検索「宅建業法」キーワード「監督処分と罰則」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業