土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    3件
  • 検索対象:
    宅建用語集
    検索カテゴリ:
    宅建業法
キーワード:
8種制限
  • 一般消費者

    (イッパンショウヒシャ)

    「一般消費者」とは、商品やサービスを消費する人のことで消費者と同じ。消費者契約法の第2条では、「一般消費者とは個人を指し、消費生活において事業に関連しない目的であること、自然人であること」と定められている。簡単に言うと、スーパーに行って買い物した場合も、自宅で電気を使う場合も、無線LANでパソコンを使う場合も、私たちは生活している以上、「一般消費者」に当てはまる。つまりは、消費生活において利用しているすべての行為で一般消費者という言葉を使う。また、一般消費者には、商品を使用している、購入している人だけではなく、これから使用や購入が期待できる人のことも含まれる。

  • 代替地解約手付

    (ダイタイチカイヤクテツケ)

    「代替地解約手付」とは、いったん締結した代替地の取得に関する契約を、のちに解除しうることとして授受される手付のこと。契約を交わした相手側が履行に着手するまでの間であれば、手付金を支払った者は手付金を放棄して、相手側が手付金の二倍の額を返却することにより契約を解除することができる。「代替地解約手付」における「履行の着手」とは、買い手側が代金の一部としての内金を支払ったり、売主が登記の準備を始めたりすることなどが該当。手付解約の際には、相手に損害があった場合でも手付の倍返しを超える賠償の義務はない。しかし、仲介手数料は売買が成立している関係で、支払い義務がなくなるわけではない。定められた期間を過ぎた場合の解約は違約解約となる。

  • 代替地取得

    (ダイタイチシュトク)

    「代替地取得」とは、土地所有者が公共事業起業者より、公共事業のために提供した土地の替わりに同等の土地を手に入れること。代替地取得のための代替地登録制度によって代替地としてもよい土地が管理されている。また、公共事業者地提供者より代替地を要求された場合、登録管理されているなかで、条件や要求と重なるものをあっせんする制度のことも指す。ただし、どんな土地でも登録できるわけではなく、1区画の面積や立地条件、地形など細かな決まりもある。代替地登録制度によって提供した場合、譲渡所得について税制上の優遇措置が受けられる。また、一度登録した土地でも、代替地としてのあっせんを希望しないのなら、いつでも登録を取り消すことができる。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(宅建用語集)のカテゴリ検索「宅建業法」キーワード「8種制限」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業