土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    3件
  • 検索対象:
    宅建用語集
    検索カテゴリ:
    法令上の制限
キーワード:
農地法
  • 農業委員会

    (ノウギョウイインカイ)

    「農業委員会」は、農業生産力の向上と農業経営の合理化を図るため、農地法に基づく売買・賃借の許可や遊休農地の調査・指導など、農地に関する事務を執り行なう行政委員会のことで、市区町村に設置されている。昭和26年に定められた農業委員会法に基づき、「農地委員会」、「農業調整委員会」、「農業改良委員会」が統合され設立された。「農業委員会」は、各市区町村にひとつの委員会を置くことが原則とされているが、その区域内の農地面積が一定の基準を下回る場合には「農業委員会」を置かなくてもよいとしている。また、「農業委員会」については、審議が形骸化しているのでないか等の指摘や批判が出ていることもあり、農林水産省から「農業委員会」に対し、各種の行政指導が行なわれている。

  • 農事調停

    (ノウジチョウテイ)

    「農事調停」とは、農地に関する案件で裁判所に農事調停を申し立て、調停委員会を通じて紛争を解決すること。通常、農地に関する案件については、各市区町村の農業委員会の手続きが必要となることが多いが、その案件が紛争に発展した場合には、農業委員会での解決が難しくなることもあり、そのようなケースに「農事調停」が行なわれる。別の意味では、「農事調停」を利用することで、農業委員会での煩雑な手続きが不要となることも多い。手続きは原則として地方裁判所に調停の申し立てを行ない、裁判官である調停主任と、裁判所があらかじめ選任している調停委員2名以上からなる調停委員会で調停が行なわれる。なお、農事調停自体は一般の裁判に比べて手続きも簡易で、少ない費用でできることが多い。

  • 民事調停法

    (ミンジチョウテイホウ)

    「民事調停法」とは、一般市民、もしくは私人の立場にある者同士が、トラブルや問題が発生した場合に、私法上や、当事者の譲り合い、または話し合いなど双方の合意を得られる解決を目的とした法律のこと。調停の手続きは、当事者の妥協点を探り、互いに納得できる解決策を裁判によらず、一定の手続きに則って行なわれる。裁判ではないため、調停を主催する任を負う人は裁判官である必要はなく、民事調停委員が担当する場合も多い。調停は裁判よりも、手続きが簡略化されており、また解決までの時間が短いという特徴がある。しかし、調停により成立した内容は、調書に記載されることで、裁判を行なった場合の和解と同等の効力が生じ、当事者はその内容を守る義務を負う。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(宅建用語集)のカテゴリ検索「法令上の制限」キーワード「農地法」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業