土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    3件
  • 検索対象:
    宅建用語集
    検索カテゴリ:
    その他
キーワード:
地価公示法
  • 土地鑑定委員会

    (トチカンテイイインカイ)

    不動産の鑑定評価に関する事項または土地に関する制度について学識経験を持つ人のなかから、衆参両議院の同意を得て国土交通大臣が任命し、組織したもの。委員は7名(6人は非常勤)で、国土交通省内に置かれている。土地の公示に関する事務、不動産鑑定士試験に関する事務なども扱う。

  • 不動産鑑定士

    (フドウサンカンテイシ)

    不動産の鑑定評価について専門知識、経験があるとして「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づく登録を受けた人のこと。鑑定士になるには、1次・2次試験の合格と不動産鑑定評価に関する実務経験があるとして、不動産鑑定士補になった後、さらに実務補修を受け、3次試験に合格すれば登録される。試験は少なくとも年に1回は実施され、通常は、都道府県庁が窓口となっている。

  • 路線価

    (ロセンカ)

    「路線価」とは、市街地の道路に沿った土地の1㎡当たりの評価額のこと。この評価額は、宅地の貨幣価値が同一と認められる一連の宅地が面している路線ごとに、国税庁によって公示価格や売買の実例をもとに決定され、課税価格の基準となる数値。このとき、相続税や贈与税のもととなる路線価のことを「相続税路線価」と言い、固定資産税や不動産取得税、あるいは都市計画税・登録免許税などのもととなる路線価を「固定資産税路線価」と言う。「路線価」が記載される図のことは「路線価図」と言い、これには借地権割合も明記されている。路線価図は、国税局や税務署にて所定の手続きを経ることで、誰でも閲覧することができる公的な地域情報のひとつである。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(宅建用語集)のカテゴリ検索「その他」キーワード「地価公示法」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業