土地活用/アパート経営・マンション経営なら、土地活用のパイオニア東建コーポレーションへ!

建築用語辞典

  • 文字サイズ

検索結果

  • ヒット数:
    2件
  • 検索対象:
    宅建用語集
    検索カテゴリ:
    その他
キーワード:
不動産の鑑定評価
  • 価格形成要因

    (カカクケイセイヨウイン)

    「価格形成要因」とは、不動産の評価を行なう際に、その価格の水準に与える要因を指す。その要因は、主に「一般的な要因」、「地域的な要因」、「個別的な要因」の3つがある。また、一般的な要因は、不動産の価格に影響する「自然的要因」、「社会的要因」、「経済的要因」、「行政的要因」の4つが挙げられる。「地域的な要因」は、宅地や商業地域などの規模や構成内容、機能等における地域的な特性に関する要因を指す。「個別的な要因」は、住宅地であれば、その土地の前面道路の幅員や上下水道の整備状況など、その不動産がもつ個別の要因を指す。この「価格形成要因」は、不動産の効用や希少性、需要へ影響を与えるため、不動産鑑定においても十分な分析を行なう必要がある。

  • 取引事例比較法

    (トリヒキジレイヒカクホウ)

    「取引事例比較法」とは、不動産鑑定評価のひとつで、実際の不動産市場で行なわれた売買事例から、評価対象となっている不動産の価格を導き出す方法のこと。この方法で試算された価格のことを「比準価格」と言う。具体的には、「売買事例の価格×事情補正率×標準化補正率×地域要因格差補正率×個別要因格差補正率」によって試算。過去の取引価格の事例データを参照しながら、その不動産と比べて有利な点や不利な点などを考慮し、客観的な事実に基づいて適正と思われる価格を算出できるのがメリット。また、「取引事例比較法」を用いる場合は、投資目的の不動産や、特別な事情がある不動産などは、事例から排除することになっている。

ページトップへ

東建コーポレーションでは土地活用をトータルでサポート。豊富な経験で培ったノウハウを活かし、土地をお持ちの方や土地活用をお考えの方に賃貸マンション・アパートを中心とした最適な土地活用をご提案しております。こちらは、「建築用語辞典」(宅建用語集)のカテゴリ検索「その他」キーワード「不動産の鑑定評価」の検索結果です。再度検索したい場合は下部の「辞典内検索」より、用語を入力し、検索範囲を選んでお調べ下さい。「建築用語辞典」では、宅建用語や建築士用語など、建築に関する専門的な用語を調べるのに最適です。建築に関する用語で分からない言葉があれば、ぜひご活用下さい。

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

ホームページからのお問合せ

お問合せフォーム

ホームページからの資料請求

資料を請求する

お近くの支店でのお問合せ

お近くの支店を探す

お電話でのお問合せ
フリーダイヤル
フリーダイヤル 0120-51-8200

[受付時間]平日:9~12時、13~17時
※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業

土地活用、アパート経営・賃貸経営に関するご相談

  • ホームページからのお問合せ
    土地活用に関するお問合せ
  • ホームページからの資料請求
    ホームページからの資料請求
  • お近くの支店でのお問合せ
    支店情報
お電話でのお問合せ
フリーダイヤル 0120-51-8200
[受付時間]
  • 平日:9~12時、13~17時
  • ※土・日・祝日、夏季・年末年始休暇は休業